2022年 5月 16日 (月)

朝倉未来1000万円企画で「場外乱闘」 落選ファイター達の戦いに反響「本家より全然迫力ある」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ABEMAで放送された「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」に関連して、対戦者を決める番組のオーディションに落選した格闘家たちの戦いがYouTubeで繰り広げられている。

  • 朝倉未来選手(写真:Motoo Naka/アフロ)
    朝倉未来選手(写真:Motoo Naka/アフロ)
  • 朝倉未来選手(写真:Motoo Naka/アフロ)

ポーランドの格闘家が非公式の3連戦を予告

   番組では、656人の応募者の中から、オーディションで選ばれた"喧嘩自慢"と、格闘家の朝倉未来さんが拳を交えた。当日の生放送には、"会津の喧嘩屋"久保田覚さん、アイドルグループ「EE JUMP」の後藤祐樹さん、Bigbangウェルター級現役王者キックボクサーのモハン・ドラゴンさんの3人が参戦したものの、全員合わせて2分もかからず、朝倉さんに揃ってKO負けを喫した。

   こうした一方的な対戦結果を受けて、放送終了後のネットでは、オーディションに元K-1選手、元プロレスラー、元力士などが参加していたことを理由に、朝倉さんにとって「勝てそうな相手ばかり選んでいるのでは」などと疑惑の声が挙がっていた。

   こうしたネットの声に、朝倉さんは22日のツイッターで、「街の喧嘩自慢で手加減しすぎて勘違いさせてしまったのが原因かな」「ポーランドとかラグビーとかにわかが言ってるから言っとく」とし、「まあまあ強いだろうけど本気でやったら相手にはならない」と反論している。

   そんな中、オーディションに参加していた総合格闘技ポーランド2位の実力者、ホイナツキ・パヴェウさんが11月30日、自身のYouTubeチャンネルに公開した動画で、同じ有力落選者相手にABEMA非公式の3連戦をすると予告した。

「どっちかが(朝倉未来企画に)選ばれてたら、瞬殺にはなんない」

   一人目の対戦相手は、150キロのラガーマン"ノッコン寺田"こと寺田幸司さん。寺田さんのYouTubeチャンネルで12月1日に投稿された動画では、2人の戦いの模様が公開されている。

   ルールは2分間一本勝負。ボクシンググローブとレッグガード着用のもと、リングの上で行われた。試合は体重で勝る寺田さんが前へ前へと圧をかけ、パヴェウさんがその攻撃を躱し、機を見て攻勢に転じる展開。途中、パヴェウさんがワンツーを顔面に浴びせるも、寺田さんが全く効いていないそぶりをするなど、体重による利を見せつける場面もあった。

   そして両者譲らず引き分けに終わると、2人は健闘をたたえ合いハグをした。パヴェウさんは「どっちが勝ったか、どっちが負けたか関係なく、どっちかが(朝倉未来企画に)選ばれてたら、瞬殺にはなんないっすよ」と断言した。また、寺田さんが「俺らが伝えたいのは、喧嘩は良くない」と言うと、パヴェウさんは「もしやりたいならちゃんと安全を考えて」と呼びかけた。

   コメント欄には「この企画はホント良かった。観たい物が観れた感が凄い」「コラボの実現と、お二人のノーサイド精神が素晴らしかったです」「Abemaのより全然迫力あって面白かった!2回目希望!」など称賛の声が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中