2022年 1月 23日 (日)

前澤氏の宇宙飛行は「金持ちの道楽」? 玉川徹氏発言でネット賛否

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   実業家の前澤友作さん(46)が宇宙旅行を実現させたことに対し、テレビ朝日の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」でコメンテーターを務める玉川徹さんが辛口のコメントを行い、ネット上で論議になっている。

   「着いたよ~宇宙だよ~」。前澤さんを乗せたロシアのソユーズ宇宙船が2021年12月8日夜に国際宇宙ステーション(ISS)に到着し、日の丸のある宇宙服姿の前澤さんが満面の笑顔を見せ、カメラの前でこう言って手を振る。

  • モーニングショーの公式サイト
    モーニングショーの公式サイト
  • モーニングショーの公式サイト

「私、閉所恐怖症なんでまったく興味ないです」

   9日放送のモーニングショーでは、番組の冒頭で早速、この映像を流した。

   「着きましたね。宇宙行っちゃいましたよ」。司会の羽鳥慎一アナがこう伝えると、発射の瞬間を見たという出演者が「めちゃくちゃワクワクしましたね」と興奮気味に反応した。この出演者は、前澤さんが視聴者にお馴染みの人だとして、「ぐっと身近に感じました」と感想を話した。

   羽鳥アナも「確かに」と同意すると、出演者は、「今はお金のある人しか難しいのかもしれないけど、いつか自分も行けるかもしれないな」と期待を込めた。羽鳥アナも、「将来的には、費用の部分も下がってくるんじゃないかな」との見通しを示した。

   ここで、出演者が「玉川さん、宇宙旅行したら何したいですか?」と聞くと、玉川さんは、硬い表情のまま、こう返した。

「あの、水を差して申し訳ないんですけど、私、閉所恐怖症なんでまったく興味ないです」

   羽鳥アナは、「分かる、僕もちょっとそっちなんで」と共感を示したが、玉川さんは、さらにこの話題について冷淡な反応をした。

「だけど、僕はまあ、自分が興味ないってこともあって申し訳ないんだけど、金持ちの道楽見せられてもなあって感じですけどね。正直言うと」

   すると、羽鳥アナは、「う~ん」とうなってしまい、出演者も困ったような表情だ。

   玉川さんは、それでも話を続ける。1983年公開の米映画「ライトスタッフ」を昔見たとし、そこでの「マーキュリー計画」を例として挙げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中