2022年 1月 19日 (水)

サバゲー店でマナー違反連発、注意した店長に客が暴力 約20人グループ出禁に...一体何が起きたのか

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   千葉県柏市内のサバイバルゲームフィールド店「大将軍」で、多くが東南アジア系とみられる外国人の客グループがマナー違反を繰り返し、店長が注意すると、グループは「人種差別するのか?」などと抗議し、ネット上でもクレームを書き込んだ。

   店長は、店のツイッターで、差別はしていないと反論するとともに、このグループを出入り禁止にしたことを明らかにした。

  • 他の客はサバゲーを楽しんでいたが…(写真はイメージ)
    他の客はサバゲーを楽しんでいたが…(写真はイメージ)
  • 店がツイートで対応を説明
    店がツイートで対応を説明
  • 他の客はサバゲーを楽しんでいたが…(写真はイメージ)
  • 店がツイートで対応を説明

ルール違反のゾンビ行為やセーフティーエリアで発砲など

   このトラブルは、2021年12月12日に起きたとして、店のツイッターがこの日のうちに、対応について報告した。

   店長が14日、J-CASTニュースの取材に答えたところによると、グループは、子供も含めて男女20人ぐらいのメンバーがいた。多くは、初めて見る顔ぶれだったという。

   このうち、日本語が分かる人は1人ぐらいだったといい、店の日本語によるルール説明は、よく聞いていない様子だった。そして、プレイが始まると、ルールを守るメンバーも一部でいたが、弾がヒットしても申し出ないルール違反の「ゾンビ行為」が続出した。

   また、メンバーの子供らは、セーフティーエリアで発砲行為を行ったほか、メンバーらは、日本では使われず店で使用禁止にしている高圧のレッドガスを使った可能性があるという。弾速がオーバーするようになり、客からは、「威力ヤバくないか」とクレームが入ったとしている。

   これに対し、店では、ルールを守るよう計5回ほどグループを注意したが、違反が相次いだため、グループに駐車場まで出てもらい、日本語の分かる1人に説明して、通訳してもらうようにお願いした。

   その後、違反行為はいったん収まったが、しばらくしてゲーム中の別の客からクレームが入り、店では、ルールを守れないなら出入り禁止処分にするとグループに伝えた。その処分について店の内部で話し合っていると、グループの女性らが「なぜそうしようとする」「人種差別するのか?」などと店長らに詰め寄った。これに対し、店長が「差別ではない」「マナーを守らないからだ」と説明したが、女性らは、「鼻で笑っている」などと反論した。店長が声を大きくして、「ルールを守ってほしい」と呼びかけると、女性らは怒り始めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中