2022年 5月 18日 (水)

井上尚弥の「8回TKO」は期待外れだったのか? 海外メディアから出た「厳しい評価」

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

挑戦者の唯一良かった点は...

   試合内容については、開始から両者のレベルの違いは明らかだったと指摘し、公平に言えば、井上がリングに上がる時はいつもそうなると付け加えた。また、ディパエンは健全な戦略をとったものの、ラウンドを重ねるたびに井上のクリーンなパンチによって鼻を血まみれにして戦わざるを得なかったと伝えた。

   「ボクシングニュース24」は、モンスター井上がタフな無名の挑戦者を8ラウンドで打ち負かしたと伝えた。

   ディパエンは絶えず右に動き、井上に襲われるのを避けるために際限なく旋回したとし、唯一良かった点は、井上から数え切れないほどのパンチを食らいながらもタフさを示したことだと指摘した。

   また、記事ではディパエンが19年10月から21年3月の間に対戦した6選手の戦績を紹介し、「これらの選手が世界タイトルに挑戦しようとする選手の対戦相手に見えますか?」と疑問を投げかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中