2022年 1月 29日 (土)

新庄フィーバーに「もう飽きた」 テレビ出すぎ?視聴者から冷めた声「見ていて疲れる」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   20年ぶりの日本一に輝いたヤクルト、25年ぶりのリーグ制覇を飾ったオリックスの選手や監督らを差し置いて、メディアに連日登場しているのが日本ハムの新庄剛志監督だ。

   野球界の常識にとらわれない言動が注目され、お茶の間で「ビッグボス」旋風が吹き荒れている。

  • 新庄監督(写真: アフロ)
    新庄監督(写真: アフロ)
  • 新庄氏のインスタグラム(@shinjo.freedom)より
    新庄氏のインスタグラム(@shinjo.freedom)より
  • 新庄監督(写真: アフロ)
  • 新庄氏のインスタグラム(@shinjo.freedom)より

パフォーマンスだけじゃない?

「今は地上波で野球を放送していない時代なので、プロ野球に興味のない視聴者は選手、監督の認知度が低い。ただ、新庄監督は別枠です。野球を全然見ない若い世代でも新庄監督は見るという視聴者が多い。

ワイドショーにも取り上げられるほどで、まだシーズンが始まっていないにもかかわらず、社会現象になっている。コロナが収束していればの条件付きですが、来年2月の春季キャンプは報道陣、ファンが大挙して押し寄せ、『新庄フィーバー』になると思います」(テレビ関係者)

   面白いだけではない。自身の野球理論もきっちり語っている。

   2021年12月6日に放送された日本テレビ系バラエティー番組「しゃべくり007」に出演すると、驚きの「4番打者論」を告白。「僕の4番バッターは足の速い選手なんです。僕が内野を守っていた時に、2死満塁で足の速いバッターが、特に左バッターとかいたら、ゴロきますよね、慌てるんですよ。で、悪送球してたんで。2点入るみたいな。(そういう)野球面白い」と熱弁していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中