2022年 1月 22日 (土)

M-1ランジャタイに「96点」なぜつけた? 立川志らく、最高評価の理由説明「好みで入れた」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2021」決勝が2021年12月19日に開催され、お笑いコンビ「錦鯉」が優勝に輝いた。

   審査員を務めた落語家・立川志らくさんは、ツイッターで大会を振り返り、最終開票時に涙した錦鯉の2人に「ただのお馬鹿ネタかと思いきやあのシュールな落ち。痺れた。おじさんの涙美しい」と賛辞を送っている。

  • 立川志らくさんのツイッター(@shiraku666)より
    立川志らくさんのツイッター(@shiraku666)より
  • お笑いコンビ「錦鯉」、M-1グランプリ公式サイトより
    お笑いコンビ「錦鯉」、M-1グランプリ公式サイトより
  • 立川志らくさんのツイッター(@shiraku666)より
  • お笑いコンビ「錦鯉」、M-1グランプリ公式サイトより

「ランジャタイはイリュージョン」

   志らくさんは大会終了直後のツイッターで「M1、錦鯉おめでとう」と祝福した。自身の審査について、

「私は一回戦は好みで点数を入れさせてもらってる。だからランジャタイはイリュージョン。限りなく100点に近い96点。で決勝は彼らの人生がかかっているから好みではなく1番受けた漫才を選ぶ」

と説明。志らくさんは決勝1回戦で「ランジャタイ」「オズワルド」「もも」の3組に最高得点の96点をつけていた。続けて、

「錦鯉はただのお馬鹿ネタかと思いきやあのシュールな落ち。痺れた。おじさんの涙美しい」

と評している。

   錦鯉に賛辞を送る志らくさんの投稿を受けて、ツイッターでは、

「審査員本当にお疲れ様でした」
「錦鯉の涙に50年間の人生観たような気がしました」
「本当に、今回のおじさんの涙は美しかったですね」

といった反応が寄せられている。

   また志らくさんは翌20日にも、ランジャタイのネタに再び言及したうえで、

「ランジャタイ、ジャルジャル、トムブラウン、金属バッド、ザコシ&コウメ太夫らでIR GP、つまりイリュージョングランプリを開催したら面白い。ぶっ飛んだ、時代を先に見た漫才、コントの大会。落語家で入れる若手はいないな」

と構想を膨らませ、「私が若ければ絶対に出場した」と意気込みをみせていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中