2022年 1月 23日 (日)

タマモクロス「ウマ娘」実装にファン沸騰の理由 苦節約300日...待たされ続け「ネタ化」した名馬

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ゲーム「ウマ娘 プリティダービー」に新たな育成ウマ娘としてタマモクロスを実装することが2021年12月20日、YouTube配信番組「ぱかライブTV」で発表された。実装は22日12時から。ゲーム内でタマモクロスの育成が可能になり、発表当日にツイッターでトレンド入り。ファンが沸いたのはこのウマ娘ならではの理由があった。

  • タマモクロスのガチャ実装を伝える「ウマ娘」ツイッター公式アカウント
    タマモクロスのガチャ実装を伝える「ウマ娘」ツイッター公式アカウント
  • タマモクロスのガチャ実装を伝える「ウマ娘」ツイッター公式アカウント

スピンオフコミックでも人気上昇

   ウマ娘のタマモクロスは1987~88年に中央競馬で活躍した競走馬タマモクロスをモチーフとする。関西弁と気さくな性格が特徴的なキャラクターで18年4~6月放送のアニメ第1期にも登場していたが、21年2月24日にゲームがリリースされた際、育成できるウマ娘の中に入っていなかった。その後、育成可能なウマ娘は順次、追加実装されていくが、タマモクロスはなかなか選ばれずにいた。そのため「実装されないタマモクロス」がファンの間でネタとして定着、他のウマ娘が実装されてもツイッターでは「タマモクロス」がトレンド入りし、実装されないことがファンアートの題材にもなっていた。

   人気の一因は「ウマ娘」のスピンオフコミック「ウマ娘 シンデレラグレイ」(週刊ヤングジャンプ)だ。オグリキャップを主人公にした本作で、タマモクロスは史実同様オグリキャップのライバルとして立ちはだかり副主人公級の活躍を見せていた。オグリキャップとのコンビでも人気が上昇しながら、ゲームリリース時から実装済のオグリキャップと違ってゲームで育成できなかった。その間にも天然キャラのオグリキャップに対しツッコミ役を務めたり、モデルの競走馬の活躍年代が重なるスーパークリークやイナリワンと一緒にファンアートで描かれたりするなど、トレーナー(ウマ娘プレイヤーの通称)に支持されていった。

   タマモクロスは他のウマ娘を育てるサポートカードとして登場したり、育成ウマ娘のストーリーの中で登場したりすることはあっても、トレーナーが自ら育ててレースで走らせることはできなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中