2022年 1月 22日 (土)

西川遥輝は楽天の救世主? 「やる気持ってやれば...」「1番DHでも」日ハムOB提言

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の横浜ベイスターズ、日ハムで活躍した野球評論家の高木豊氏(63)が2021年12月22日に公開したユーチューブ動画で、日ハムを自由契約になって楽天に移籍した西川遥輝外野手(29)について言及した。

  • 楽天イーグルス公式サイトより
    楽天イーグルス公式サイトより
  • 楽天イーグルス公式サイトより

「素晴らしい1番を得ることになる」

   公開された動画は西川の「楽天移籍有力」の一報を受けて作成されたもので、高木氏が西川の入団を前提とし楽天の来季構想を独自に予想した。

   高木氏は今季の楽天の戦い方に関して「1番バッターと盗塁に苦労していた」と指摘し、「(球団は)1番を打たせたいと思うんだよね。そうなってくると出塁率はどうなんだと。プロ11年間で(出塁率が)3割8分ある。3割8分は相当高いからね。11年間の通算だから。楽天にとってみれば素晴らしい1番を得ることになる」と言及した。

   今季、楽天のチーム盗塁数はリーグワースト。リーグトップのロッテ(107個)の半分以下の45個で、来季へ向けて走塁面がひとつの課題でもあった。西川は今季24個の盗塁をマーク(盗塁刺は11)し4度目の盗塁王タイトルを獲得。通算で311個の盗塁を決めている。

   高木氏は「塁に出て前にランナーがいなければ盗塁を出す。成功率が8割4分7厘あるならノーアウトランナーセカンドに行くということ。そういう確率が高くなったということ。ということは得点力が上がるということ必然的に」とチームに与える利点を説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中