2022年 1月 19日 (水)

松本潤の大河に「ねじ込んでもらおうかな」 関ジャニ∞村上信五、紅白司会実現への「プラン」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2021年の第72回NHK紅白歌合戦に出場する関ジャニ∞が、12月28日に会場の東京国際フォーラムで行われたリハーサルに参加し、報道陣に抱負などを語った

   毎年紅白歌合戦の司会に意欲を見せているものの「落選」が続いているのがメンバーの村上信五さん。司会選出のための村上さんの今後の戦略とは?

  • リハーサルを終えた関ジャニ∞(左から横山裕さん、丸山隆平さん、大倉忠義さん、安田章大さん、村上信五さん)(NHK提供)
    リハーサルを終えた関ジャニ∞(左から横山裕さん、丸山隆平さん、大倉忠義さん、安田章大さん、村上信五さん)(NHK提供)
  • リハーサルを終えた関ジャニ∞(左から横山裕さん、丸山隆平さん、大倉忠義さん、安田章大さん、村上信五さん)(NHK提供)

「朝ドラと大河に出ていないという至らなさ」

   21年の司会は俳優の大泉洋さん・川口春奈さんとNHKの和久田麻由子アナウンサーが務める。「今年も残念ながら立候補はしていたんですけど、僕の物差しではあと一歩のところで」と話す村上さんは、紅白司会を逃した背景として「朝ドラと大河に出ていないという僕のこのキャリアの至らなさが全てかなと思いますので」とNHKの看板番組での活躍が足りなかったことを挙げた。

   村上さんはさらに「現時点で(オファーは)ないんですけど、松本の潤の大河にもねじ込んでもらおうかなと思いますんで、そのあたりでようやく司会も近づいてくるかなと思ってます。2022年は俳優業に邁進させていただきまして、23年には大河そして紅白という流れを自分の中で描いております」と松本潤さんが徳川家康役で主演、岡田准一さんも織田信長役で出演する23年の大河ドラマ「どうする家康」への出演をも売り込み、大河出演を足踏みに紅白司会選出、という自らの「プラン」を明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中