2022年 1月 28日 (金)

大田補強のDeNAに「トレード敢行」の可能性 ダブつく野手でピッチャー獲得の選択も

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   プロ野球・DeNAが、日本ハムを自由契約になった大田泰示外野手の獲得を発表した。

   球団の公式サイトに寄せたコメントで、大田は「私自身、高校時代(東海大相模)を神奈川で過ごしたこともあり、ベイスターズへ入団させていただくにあたりご縁があるなと感じています」などと意気込みを見せている。

  • DeNAが獲得した大田泰示(写真:AP/アフロ)
    DeNAが獲得した大田泰示(写真:AP/アフロ)
  • DeNAが獲得した大田泰示(写真:AP/アフロ)

「守備能力も高いので貴重な存在に」

「大田の獲得には3球団が興味を示していました。DeNAの外野陣は左翼が佐野恵太、中堅は桑原将志、右翼はオースティンとレギュラーが固まっていたので入団の可能性が一番低いと思ったのですが、チャンスは十分にあります。

桑原はシーズンによって好不調が激しく、オースティンも実力は申し分ないが故障が多い。大田はパンチ力のある打撃だけでなく、20年にゴールデングラブ賞を獲得するなど守備能力も高いので貴重な存在になると思います」(スポーツ紙記者)

   大田が加入し、強力打線にさらに厚みが増したが、問題は投手陣だ。

   昨年は先発陣が崩壊して大貫晋一の6勝が最多。今永昇太、濱口遥大、東克樹と好左腕がそろっているが、故障で長期的な活躍ができていない。ドラフトでは2位で徳山壮磨(早大)、4位で三浦銀次(法大)を獲得したがプロでどこまで活躍できるかは未知数だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中