2022年 5月 26日 (木)

「水曜どうでしょう」にしか見えない? NHK大河「鎌倉殿」大泉洋の入浴シーンにまさかの注目

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2022年1月16日に放送されたNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に、バラエティー番組「水曜どうでしょう」(HTB)のファンが沸いている。

   源頼朝役の大泉洋さん(48)の出演シーンをめぐって、視聴者から「温泉入ってるシーン大爆笑しちゃった人はどうでしょう見すぎです。私です」といった声が上がったのだ。

  • 大泉洋さん(2009年撮影)
    大泉洋さん(2009年撮影)
  • 大泉洋さん(2009年撮影)

「闘痔の旅にしか見えん」

   番組では、主演で北条義時役の小栗旬さん(39)と大泉さんが海沿いの温泉で語り合うシーンがあった。ドラマ終盤、頼朝を尋ねた義時が湯帷子(ゆかたびら)姿で岩場の温泉に行くと、そこには、やはり湯帷子姿の頼朝がおり、昇ったばかりの太陽を背に朝湯に浸かっていた。

   同シーンは、頼朝がいずれ挙兵するつもりであることを義時に明かすという重要場面。にもかかわらず、視聴者からは「鎌倉殿の13人と水曜どうでしょうに見る、ドラマと現実の海沿い温泉入浴の違い」といった声も上がった。かつて大泉さんが出演していた「水曜どうでしょう」に、今回のシーンを彷彿させる場面があったからだ。

   今をさかのぼること18年。2004年に放送された「水曜どうでしょうClassic」では、「闘痔の旅」と題して、当時、痔を患っていたという大泉さんが温泉巡りを行う様子を放送した。

   そのうちの1つとして、北海道の「水無海浜温泉」は大河よろしく海岸に存在し、満潮の際には水没するという、まさに、「最前線の温泉」。北海道函館市の公式サイトには入浴可能な時間帯を伝えるページもあるほどだ。

   視聴者からは他にも、「頼朝さん人たらしだな にしても温泉入る洋ちゃん見ると闘痔の旅にしか見えん」「鎌倉殿どうでしょう、ですね」といった声も上がっている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中