2022年 5月 25日 (水)

「1年目から守護神」は大成しない? 広島・栗林良吏を襲う「不吉なジンクス」とは

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   昨季のプロ野球は近年まれに見る「新人大豊作」だった。

   阪神の佐藤輝明は新人の日本人左打者で最多の24本塁打をマーク。左腕・伊藤将司も2ケタ勝利に到達し、中野拓夢は正遊撃手で盗塁王を獲得した。阪神のドラフト史上に残る「当たり年」と言って良いだろう。DeNAの牧秀悟は史上4人目の打率3割&20本塁打をクリア。シーズン終盤は4番に座り、打率.314は新人歴代3位タイのハイアベレージだった。

   その中でセリーグ・新人王の記者投票で201票と、2位・牧の76票に大差をつけてタイトルを獲得したのが、広島の絶対的守護神として53試合登板で0勝1敗37セーブ、防御率0.86と圧巻の成績を残した栗林良吏だった。

  • 栗林良吏(写真:ロイター/アフロ)
    栗林良吏(写真:ロイター/アフロ)
  • 侍ジャパンで活躍した4人(栗林良吏のインスタグラム=@ryoji2038より)
    侍ジャパンで活躍した4人(栗林良吏のインスタグラム=@ryoji2038より)
  • 栗林良吏(写真:ロイター/アフロ)
  • 侍ジャパンで活躍した4人(栗林良吏のインスタグラム=@ryoji2038より)

「決め球」フォークに疲労の影響?

   「社会人№1投手」の触れ込みで入団したドラ1右腕は、期待以上の活躍だった。開幕から22試合連続無失点の球団新記録を達成。8月の東京五輪でも侍ジャパンの守護神を務め、全5試合登板で2勝0敗3セーブ、防御率1.40と金メダル獲得に大きく貢献した。

   37セーブは15年のDeNA・山崎康晃と並ぶ新人最多タイ記録。今季も守護神として期待されるが、気になるのは登板過多による故障の懸念だ。

「栗林は真上から投げ下ろす独特のフォームで肩、肘に負担がかかる。プロで1年間プレーするのは初めてだったので当然疲れも出てくる。シーズン終盤は肘の位置が下がり、ウイニングショットのフォークの落ちが悪くなっていた。

オフにケアをしても疲れは抜けきらないでしょう。開幕に合わせればよいので、2月の春季キャンプはスロー調整で良いと思います」(スポーツ紙記者)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中