2022年 5月 23日 (月)

宮迫焼肉店は「マジでヤバイ」 堀江貴文が深刻忠告...「広告で家賃280万」もバッサリ「最初だけ」

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   実業家の堀江貴文さんが2022年1月19日、YouTubeで生配信を行い、宮迫博之さんがプロデュース・経営を手掛ける高級焼肉店「牛宮城」について再び苦言を呈した。

  • 宮迫博之さんと堀江貴文さん
    宮迫博之さんと堀江貴文さん
  • 宮迫博之さんと堀江貴文さん

「考え直したほうがいい」と以前から撤退を勧めていた

   「牛宮城」は、肉の品質に関する問題発覚や共同経営者だったヒカルさんの事業撤退など紆余曲折ありながらも、22年3月のオープンに向けて準備が進められている。1月15日に配信されたYouTube番組「WinWinWiiin」では、"牛宮城の黒幕"として、宮迫さんのYouTube活動にも携わるノーブルプロモーションの代表取締役・若林和人さんが登場。若林さんは渋谷センター街に構えた牛宮城の家賃が280万円であるとしたうえで、「注文用のタブレットの中にスポンサーさんの名前を入れる。それで家賃分は大体ペイできる」などと説明していた。

   堀江さんは以前から牛宮城について、ブランド和牛を取り扱う会員制レストラン「WAGYUMAFIA」を経営する立場から、「(高級焼き肉を食べるような)お金を持っている人が、わざわざ渋谷のセンター街に行って高級焼き肉を食べるかといったら、なかなか難しい」と指摘し、「傷が深くならないうちに考え直したほうがいい」と、宮迫さんに撤退を勧める旨の発言をしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中