2022年 5月 24日 (火)

ムロタニ・ツネ象さん死去、87歳 「先生の歴史マンガが私を歴史好きに育ててくれた」悼む声

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   漫画家のムロタニ・ツネ象さん(本名:室谷常蔵)が2021年11月22日、亡くなっていたことが2022年1月25日、明らかになった。87歳。過去の作品を掲載していた「マンガ図書館Z」を運営するJコミックテラス(東京都千代田区)が発表した。

   ギャグ漫画から恐怖漫画まで多彩な作風で知られ、特に1970年代以降には歴史学習漫画を多く手掛けた。

  • 「学研まんが人物日本史」シリーズで手掛けた「卑弥呼」
    「学研まんが人物日本史」シリーズで手掛けた「卑弥呼」
  • 「学研まんが人物日本史」シリーズで手掛けた「卑弥呼」

「ファイトだ!!ピュー太」などアニメ化作品も

   1934年生まれ。1953年に「毎日中学生新聞」掲載の「日本歴史漫歩」でデビューした。

   50年代から60年代にかけては「ピカドンくん」「わんぱくター坊」など、少年誌でギャグ漫画を多く手掛け、テレビアニメ「ファイトだ!!ピュー太」(1968年)の原作となった「ドクター・ツルリ」など、アニメ化作も生み出した。恐怖漫画のジャンルでも、「地獄くん」などの作品がある。

   子ども向けの学習漫画を多く手掛けたことでも知られ、特に「学研まんが日本の歴史」「学研まんが世界の歴史」「学研まんが人物日本史」などに筆をふるった。「人物日本史」では、卑弥呼や伊達政宗、坂本龍馬といった人物の生涯を生き生きと描いた。

   近年では、上記の学習漫画などが電子書籍化、漫画サイト「マンガ図書館Z」などで50~60年代の作品がオンライン公開されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中