2022年 5月 23日 (月)

清宮幸太郎「5年目」はビッグチャンス? 「刺激を目一杯感じる年齢」岩本勉氏が期待する理由

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球・日ハムの元投手で野球解説者の岩本勉氏(50)が2022年1月23日に公開したユーチューブ動画で、日ハム・清宮幸太郎内野手(22)について言及した。

   動画は「岩本も経験した【日ハム清宮幸太郎】が今年活躍しないとヤバい理由とは...」とのタイトルで公開され、岩本氏が自身のプロ生活の経験を踏まえ、プロ5年目を迎える清宮にアドバイスを送った。

  • 清宮幸太郎選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    清宮幸太郎選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 新庄剛志監督のインスタグラムから
    新庄剛志監督のインスタグラムから
  • 清宮幸太郎選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 新庄剛志監督のインスタグラムから

「頑張れていない5年目の選手だと寂しい思いする」

   昨季1軍での試合出場なしに終わった清宮だが、新庄剛志監督(49)の期待は大きく、昨年の秋季キャンプでは新庄監督が打撃向上などを目的とし、清宮にダイエットを促す場面もみられた。清宮はこれに応え約9キロの減量に成功した。

   岩本氏は新庄監督のダイエット指令に触れ、「今まで既存のコーチたちはなぜそれを着手しなかったんだろうと」と疑問を呈し、「痩せろ痩せろではなく、反復練習を促すことによって勝手に締まってくると思うんですよ。だから今回新庄ビッグボスが、ちょっと絞った方がいいんじゃないのと、分かりやすく痩せた方がいいんじゃないのと」と指摘した。

   また、岩本氏は自身の経験からプロ5年目となる今季が清宮にとって重要なシーズンになるとの見解を示し、その理由について説明した。

「清宮幸太郎といえば今年5年目になる。言うたら12球団同学年の大卒のルーキーたちが鳴り物入りで入ってくるんですよ。即戦力と謳われて。各チーム、新しいモノの大好き。ドラフトでピックアップした選手、チームにどんな風を吹かせてくれるのか、どんなスパイラルを起こしてくれるのかを見るわけでしょ。そちらに目が行っている時になかなか頑張れていない5年目の選手だと寂しい思いするねん」

   岩本氏の場合、同学年の大卒ルーキー投手が先に1軍に合流し、オープン戦にも帯同。勝ち星も岩本氏よりも先に挙げたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中