2022年 5月 17日 (火)

阪神・矢野監督の「後任本命」とは? OB持論も「金本知憲氏の二の舞」懸念...「誰か挟まなきゃ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球・阪神タイガースの矢野燿大監督がキャンプインを前にした2022年1月31日、今季限りで退任の意向を表明した。電撃的なニュースに、阪神OBの中西清起氏が同日YouTubeチャンネルで動画を配信し、次期監督を予想している。

  • 今季限りでの退任を表明した阪神・矢野監督(2014年/写真:アフロスポーツ)
    今季限りでの退任を表明した阪神・矢野監督(2014年/写真:アフロスポーツ)
  • 今季限りでの退任を表明した阪神・矢野監督(2014年/写真:アフロスポーツ)

本命は鳥谷敬氏だがまずは「2軍監督」から

   2018年オフに就任した矢野監督は3位・2位・2位と3年連続Aクラス入りを実現するが、昨季は勝率5厘差でリーグ覇者のヤクルトに屈した。キャンプイン前という異例のタイミングでの退任発言について中西氏は「昨年の優勝できるところを逃したというのが非常に悔しい思いというのが、1月31日の全体ミーティングでそういうこと(退任)を言わしめたということじゃないですか」「優勝して皆に胴上げされて勇退しますという格好で終わればきれいなシナリオになるし、素晴らしいエンディングになると思います」と評する。

   一方、次期監督候補にも言及した中西氏。その本命は04年から19年まで阪神の中心選手としてプレーし、ロッテに移籍後の昨季引退を決めた鳥谷敬氏だ。「一番いいのはトリでしょ」とコメントしているが、鳥谷氏にはコーチ経験がない。そのため「矢野監督が本当はもう1年2年やっておいて、トリを来年から2軍監督に据えていって、矢野監督が2軍から1軍監督にあがったようにするのがベストだと思うけどね」と中西氏は話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中