2022年 5月 18日 (水)

バク転しながら入場「誰だよw」「めっちゃ気になる」 北京五輪開会式、日本選手団にネット驚き

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   北京五輪の開会式が2022年2月4日、北京市の国家体育場「鳥の巣」で始まり、日本選手団の中に「バク転」をしながら入場した人がいたことにツイッターで驚きの声があがった。

  • 北京五輪開会式で入場する日本選手団(写真:UPI/アフロ)
    北京五輪開会式で入場する日本選手団(写真:UPI/アフロ)
  • 北京五輪開会式で入場する日本選手団(写真:UPI/アフロ)

「バク転してて笑った」「誰だったんじゃろ」

   日本選手団は10番目に入場。旗手はノルディック複合男子の渡部暁斗選手と、スピードスケート女子の郷亜里砂選手がつとめた。出席したのは選手13人、コーチら18人の計31人。手を振ったり、飛び跳ねたりする姿もあった。

   ひと際注目されたのが、バク転をしていた人物。クルクルと綺麗に2回ほどバク転して見せ、前を向くと他の選手らと同じように入場行進していた。

   選手団はマスクや帽子を身に着けており、NHKの中継では選手団全体が映る引きの映像だったこともあって、誰だったのかは判然とせず。ツイッターでは、

「開会式誰かバク転してて笑った」
「開会式でバク転してたの誰!」
「みんな帽子も被ってるしマスクすると全然わからんな~~バク転してたの誰だったんじゃろ」
「バク転入り誰かめっちゃ気になるw」
「誰だよw今バク転した選手w」
「バック転しながら出てきた日本選手、誰だろ...夏季五輪なら体操の選手かなと思うけどw」

といった驚きの声があがっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中