2022年 5月 21日 (土)

五輪ボランティアに「努力讃える拍手」が起きたわけ 太田雄貴のエピソードに感動の声「泣ける」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   フェンシング銀メダリストでIOC委員の太田雄貴さんが2022年2月4日、北京オリンピック開会式へ向かうバスでの、ボランティアの感動エピソードをツイッターで紹介した。

  • 太田雄貴さん(写真:Pasya/アフロ)
    太田雄貴さん(写真:Pasya/アフロ)
  • 太田雄貴さんのツイッター(@yuking1125)より
    太田雄貴さんのツイッター(@yuking1125)より
  • 太田雄貴さん(写真:Pasya/アフロ)
  • 太田雄貴さんのツイッター(@yuking1125)より

「心が温かくなったので、シェアしました」

   開会式は同日、北京の国家体育場「鳥の巣」で開催。太田さんは「開会式の会場に向かう時のバスで。ボランティアさんが、緊張した様子で、声を震わせながら英語でこの後の行動を説明してくれる。読み上げる紙は練習でボロボロ。読み上げてる時は手が震えている。読み終えた時は、バスは拍手で温かくその努力を讃える。素敵な絵」とツイートした。緊張の面持ちで紙に書かれた文章を読むボランティアの写真を添えている。

   太田さんは続けて「オリンピックは勿論選手に注目がいきますが、彼女のようなボランティアスタッフの活躍も本当に素晴らしいです。オリンピックに関わらず、大舞台での経験は、人を成長させる力があると思います。行きのバスで心が温かくなったので、シェアしました」とコメントした。

   このツイートには、「うわぁほっこりするなー」「泣けちゃいます」「沁みる...」「なんか泣けるいい話!」「テレビでは報道されないエピソードをありがとうございます」「心が温かくなる素敵なお話聞けて嬉しいです」などの書き込みが相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中