2022年 5月 17日 (火)

ガッキー・八重の夫が「可哀想すぎる」 大河「鎌倉殿の13人」妻に激怒→すすり泣きに同情の声

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   俳優の新垣結衣さんが2022年2月6日放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)に八重役で出演し、八重と夫・江間次郎(芹澤興人さん)とのやり取りが反響を呼んでいる。

  • 新垣結衣さん(写真:アフロ)
    新垣結衣さん(写真:アフロ)
  • NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で新垣結衣さんが演じる八重。大河ドラマのツイッター(@nhk_kamakura13)より
    NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で新垣結衣さんが演じる八重。大河ドラマのツイッター(@nhk_kamakura13)より
  • 新垣結衣さん(写真:アフロ)
  • NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で新垣結衣さんが演じる八重。大河ドラマのツイッター(@nhk_kamakura13)より

八重が元夫・源頼朝と再会

   大河ドラマ61作目。舞台は1175年、平清盛(松平健さん)が大権力者として君臨していた日本。主人公の北条義時(小栗旬さん)は、伊豆の弱小豪族の次男に過ぎなかったが、流罪人・源頼朝(大泉洋さん)と姉・政子(小池栄子さん)の結婚をきっかけに、状況が一変。頼朝の右腕として活躍する姿を描く。脚本は、「古畑任三郎」シリーズや大河ドラマ「新選組!」「真田丸」などで知られる三谷幸喜さん。

   新垣さん演じる八重は、義時の初恋の人にして、頼朝の最初の妻。政子と恋をした頼朝から離縁を言い渡され、現在は父である伊東祐親(浅野和之さん)の家人・江間次郎(芹澤興人さん)と再婚し、つつましやかに暮らしている。

   第5話「兄との約束」では、平家により伊豆の目代を任された山木兼隆を討つため、頼朝が挙兵。ある夜、八重が自宅で過ごしていると、そこに突然頼朝が「久しぶりだのぉ」と現れる。「人に見られたら...!」と焦る八重は、夫の江間が外出中であることを伝え、すぐさま家にあがらせる。だが、そこに江間が帰宅。一瞬の再会となってしまったが、これで八重の心に火がついた様子だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中