2024年 2月 25日 (日)

号泣する高梨沙羅を支えた「日本チームの絆」 メダルまであと一歩...「本当に頑張った」感動広がる

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   北京五輪ノルディックスキー・ジャンプ混合団体代表の小林陵侑選手が、チームメイトの高梨沙羅選手へ送ったコメントが感動を呼んでいる。

   高梨選手は、スーツの規定違反によって1回目のジャンプが失格扱いとなった。テレビの中継には、そのことを知ってうつむき泣き崩れる高梨選手の姿も映っていた。

  • 高梨沙羅選手(写真:AFP/アフロ)
    高梨沙羅選手(写真:AFP/アフロ)
  • 高梨選手をハグする小林陵侑選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    高梨選手をハグする小林陵侑選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 高梨沙羅選手(写真:AFP/アフロ)
  • 高梨選手をハグする小林陵侑選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

小林陵侑「もう......たくさんハグしてあげました」

   高梨選手は103メートルを記録した1回目のジャンプ後、ランダムに行われる検査の対象となり失格となった。スーツの両太もも部分が、規定を2センチ上回ったという判断だ。

   失格が告げられ、強いショックを受けた様子の高梨選手は、日本チームのほか、他国の選手からも励ましを受けていた。

   失格分の得点は無効となったが、高梨選手は2回目のジャンプで98メートル50センチを記録。最終的に、日本は合計836.3点の4位で競技を終えた。3位のカナダには8.3点届かなかった。

   そうした競技の中で注目を集めているのは、団体戦最後、2回目のジャンプを終えた後の小林選手の行動だ。

   高梨選手は106メートルのジャンプを決めた小林選手の姿を見届けると、拍手をしながらしゃがみ込んだ。発表された点数を確認した小林選手は、高梨選手のもとへ歩み寄り優しくハグをして励ました。

   高梨選手はヘルメットを被っており表情は読めないものの、小林選手の呼びかけに何度も頷いていた。

   試合直後に行われたインタビューでも高梨選手を称えた。

「みんなすごいですね。2本目、沙羅もすごくいいジャンプしていましたし、本当に強いなって思います」

   続けて、「高梨選手にどんな言葉をかけたいですか?」との質問には、

「もう......たくさんハグしてあげました」

と頷いた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中