2022年 5月 16日 (月)

老舗ネットメディア「TechCrunch」「エンガジェット」日本版が閉鎖へ 米国本社の戦略変更に伴い

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   IT系メディア「TechCrunch」「エンガジェット」の日本版サイトが、2022年5月1日で閉鎖する。運営会社が2月15日、発表した。

  • 媒体資料より
    媒体資料より
  • 媒体資料より

3月末で更新終了

   TechCrunch JAPANは2006年から、エンガジェット日本版は2005年から運営していた。前者は「国内外のスタートアップ企業の紹介や、インターネットの新サービスのレビュー、業界の重要なニュースを扱うテクノロジーメディア」、後者は「最新ガジェットと家電、テクノロジーのニュースとレビューを届けるテクノロジーニュースメディア」との位置づけだ。

   発表によれば、米国本社のグローバル戦略に伴い閉鎖を決めた。3月末で更新を終了し、5月で閉鎖する。以降は米国版サイトにリダイレクトされるという。

   運営するBoundlessは「読者の皆さま、広告主および広告代理店の皆様のご支援に深く感謝いたします」とコメントし、「今後も、当社のグローバル戦略に沿って進化を続け、日本でのビジネスニーズにお応えできるようなソリューション提供に取り組んでまいりますので、何卒ご理解をいただけますようお願い申し上げます」としている。

   媒体資料(21年11月発行)によれば、エンガジェットの月間ページビュー(PV)は3000万、ユーザー数は900万。テッククランチは450万PV、ユーザー数は180万。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中