2022年 5月 24日 (火)

中日の新主砲は...まさかの京田陽太? 川上憲伸氏が見た覚醒の予兆「全く雰囲気が違う」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   立浪和義新監督の指揮下、初めての春季キャンプを迎えている中日ドラゴンズ。中日OBでエースとして活躍した川上憲伸氏が、2022年2月12日にYouTube「川上憲伸 カットボールチャンネル」に投稿した動画でキャンプの印象を話している。

  • 立浪竜では京田も覚醒!?(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    立浪竜では京田も覚醒!?(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 立浪竜では京田も覚醒!?(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

京田陽太のフォームに驚き

   中日の最優先課題とされるのが、昨季12球団ワーストの本塁打数と得点に終わった貧打の克服だ。昨秋のドラフトでもブライト健太・鵜飼航丞と2人のスラッガー候補を1・2位で指名した。

   新入閣の中村紀洋打撃コーチの指導で石川昂弥・根尾昴ら若手の打撃向上が期待されているが、川上氏が挙げた注目の野手は6年目の遊撃レギュラー・京田陽太だった。

「京田選手は全く違う雰囲気だったんでね。(バットを)引くっていうよりそのまま上に上げるって感じの、すごいフォーム変えてると思うんですね。(フォームが今までと)全く違いましたね」
「下半身もしっかり鍛えたな、って」

   と、キャンプで会った印象を話す。昨季は打撃不振で5月にプロ入り後初の2軍落ちも経験した京田もまた、フォーム改造で打力強化を図っている。動画のテロップでは「京田陽太 長距離砲として覚醒の時」と出ていた。

   ファンの期待も高いブライトと鵜飼については、まずブライトを打撃練習で見た感想として「現時点でピッチャーのストレートは仕上がってません。なのにファウルになってしまう。前に飛んでもなんかごてごて...っていうのを見ていると時間かかるのかなって感じはしました」と厳しめの評価。鵜飼については「ハマった時のスイング、打球音は新人らしかぬ助っ人外国人のようでスケールの大きさを感じる」と評しつつも「少々変化球でかわしにいってもそれをうまく捉えるイメージがあったんですが、笠原(祥太郎)投手との対決を見てると下半身のタイミングが合ってないんですよね」と課題を指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中