2022年 6月 28日 (火)

ふるさと納税の返礼品到着→説明と違うと寄付者指摘 福岡県柳川市がミス認め謝罪、サイトを修正へ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   福岡県柳川市のふるさと納税返礼品として届いた机について、自分で組み立てる方式だったり中国製部品が使われたりしていたのは説明になかったと、寄付をした人がツイッターで抗議している。

   これに対し、同市は、組み立て式と明記しなかったのは確認ミスだと取材に認めた。机の脚が中国製だったことも明記するとして、納税サイトを修正することを明らかにした。

  • さとふるのサイトに載った今回の柳川市返礼品
    さとふるのサイトに載った今回の柳川市返礼品
  • 組み立て式や中国製部品との説明はなかった
    組み立て式や中国製部品との説明はなかった
  • さとふるのサイトに載った今回の柳川市返礼品
  • 組み立て式や中国製部品との説明はなかった

完成品が送られてくると思っていたというが...

   返礼品の机については、ツイッター上で2022年2月16日に投稿があった。

   それによると、投稿者は21年末、ふるさと納税サイト「さとふる」を利用し、返礼品として、ある自治体から机が届いた。

   サイトの説明には、「家具職人が製作した高級感のある国産デスクです」とあったため、完成品が送られてくると思っていたが、組み立て式の机だった。机の天板を除く脚などが入っていた段ボール箱には、中国製と記されていたが、これも説明にはなかった。ただ、天板については、アメリカ産の木材を使っていると説明があった。

   投稿された写真を見ると、段ボール箱には、電動で机の高さを調節する部品「リニアアクチュエーター」が中国製だと英語で書かれている。

   その後、この自治体にクレームを入れると、自治体から連絡が来て、今回のことを謝罪して、机を引き取ってもらったとした。

   写真を載せた最初の投稿は、3000件以上もリツイートされており、様々な意見が寄せられている。投稿の内容から、机は柳川市の返礼品ではないかと指摘が出た。

   投稿者は17日、J-CASTニュースの取材に対し、机は柳川市の返礼品だったとし、寄付したときにさとふるのサイトに載った机の画像も示した。

   それによると、寄付金額が41万8000円の机で、「上質な無垢材天板と合わせ、職人が丁寧に仕上げています」「木部の塗装などまで細部にわたり丁寧に仕上げました」とあった。また、申し込み順の製作だとし、「搬入経路が充分に確保できているか」確認するよう呼びかけていた。

柳川市「公開前に確認したが、チェックできていなかった」

   この画像を見る限りでは、組み立て式であることや中国製の部品があることは表示されていない。

   その理由について、柳川市の財政課は2月17日、取材にこう説明した。

「さとふるの場合は、事業者が直接投稿しており、組み立て式であるという文言が漏れていました。市でも、公開するときに内容を確認しましたが、チェックできていませんでした。市にも非があったと考えています。天板以外は、中国の部品を使っていました。アメリカからの輸入木材を天板に使っていることは書いてありましたが、部品が中国製とは書いていませんでした」

   楽天など他の納税サイトでは、市が投稿しているため組み立て式だと明記されていたとした。市では、今後もこの机を返礼品として扱うとし、17日中に、さとふるで組み立て式であると投稿を修正し、さとふるも含めた全サイトで部品が中国製であることを明記すると明かした。

   中国製を使った机について、財政課では、「市内の事業者が天板の加工や塗装を手がけており、総務省の基準は満たしています。地場産品だと考えています」と説明した。今回の件で福岡県に事情を聴かれ、県にこのことを伝えたともした。

   市には、16日に投稿者から電話があり、その日のうちに謝罪して、机を返送してもらったという。新たに製作した机を工場で組み立てたうえで2月末ごろまでには投稿者に届けたいとしている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中