2022年 5月 22日 (日)

人気アーティストEMA、誹謗中傷被害を悲痛告白 「心底軽蔑」「醜い」「謝罪の言葉が聞きたい」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   人気音楽ユニット・DUSTCELLの所属レーベルが、メンバーのEMAさんに対する誹謗中傷や悪質な嫌がらせなどが起きているとして注意喚起した。EMAさん自身もツイッターに思いを投稿。数年に渡って誹謗中傷などの被害に悩まされてきたと告白し「なんて狭い生き方なんだろうと、心底軽蔑しています」と吐露した。

  • EMAさんのツイッター(@eumza1)より
    EMAさんのツイッター(@eumza1)より
  • 「KAMITSUBAKI STUDIO」の発表
    「KAMITSUBAKI STUDIO」の発表
  • EMAさんのツイッター(@eumza1)より
  • 「KAMITSUBAKI STUDIO」の発表

「このような行為が少しでもこの世界から無くなることを切に願っております」

   DUSTCELLが所属するレーベル「KAMITSUBAKI STUDIO」は2022年2月19日に公式サイトで「【大事なお知らせ】 弊社所属アーティストEMA(DUSTCELL)に関して」という文書を発表した。

   その中で「現在、匿名掲示板やSNSにおいて、弊社所属アーティストのEMA (DUSTCELL) に対する個人情報の流出、根拠のない虚偽の作り話や、画像の無断転載、悪質な嫌がらせ、誹謗中傷、なりすまし行為など、許しがたい書き込みが散見されております」と報告した。

   文書によると、EMAさんは同レーベル所属以前から音楽活動を続けているが「もう何年もこの悪意ある書き込みに悩まされてきました」という。レーベルは「これらの行為については当然、到底容認できるものではありません」とし、書き込みをしている人物を特定するため、警察への通報と弁護士を通しての開示請求といった法的措置を進める意向を表明。「今後もこのような誹謗中傷行為が行われた際には、同様に断固たる法的な措置を取っていきます」とした。

   レーベル側はEMAさんの思いを「良い音楽を作りたい、作品を届けたい、歌を歌いたい、という純粋な気持ちで本人はこれまで活動をしてきました。そして、それはこれからも変わりません」と代弁。今回の対処について「同様の被害に遭われているアーティストさん、タレントさんなどが今も変わらず大勢いらっしゃる現状ですが、このような行為が少しでもこの世界から無くなることを切に願っております」「そのために、私達は動きます」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中