2022年 5月 24日 (火)

ソフトバンク、先発ローテは競争激化か 「100%確定なのは千賀とレイだけ」里崎智也氏が分析

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   今季新監督のもとでシーズンを迎えるプロ野球・中日とソフトバンク。昨季は5位(中日)、4位(ソフトバンク)とBクラスに終わった両チームのレギュラー陣が今季どうなるか、ロッテOBの里崎智也氏がYouTubeチャンネルで分析と予想を行っている。

  • ソフトバンクの千賀滉大(写真:青木紘二/アフロスポーツ
    ソフトバンクの千賀滉大(写真:青木紘二/アフロスポーツ
  • ソフトバンクの千賀滉大(写真:青木紘二/アフロスポーツ

高橋と石川の内野争いか

   2022年2月18日配信の動画で里崎氏は、まず中日のレギュラー陣を予想する。昨季の内野陣はダヤン・ビシエド、阿部寿樹、高橋周平、京田陽太がレギュラーだったが、若手の石川昂弥をどこで起用するか。「(高橋が)セカンドの練習ばっかりさせられてるとサードに必ず石川が来るのよ」「高橋がキャンプでセカンドの練習ばっかりさせられてるという情報をつかんでる」と話す里崎氏はサード石川、セカンド高橋で固定される可能性を示唆する。

   この場合、一塁ビシエド、二塁高橋、三塁石川、遊撃京田の守備陣となるが、石川の打棒が振るわなかった場合はどうなるか。その場合は「セカンド阿部なのか、岡林(勇希)なのか、若い選手もいっぱいいるから 」と高橋が三塁を守って二塁のポジションを複数の選手で争うことになるのではと里崎氏は推測している。

   外野陣ではセンターの大島洋平以外に不動のレギュラーは不在という状況。「根尾をライトで使いたいらしいんだけども、ここはサバイバル」と両翼を根尾昴・鵜飼航丞・ブライト健太・外野挑戦のアリエル・マルティネス(本職は捕手)らで争うだろうと予想した。

    里崎氏の推論によれば投手陣で未確定の枠は「先発2~1、リリーフ2」とのこと。先発は大野雄大・柳裕也・小笠原慎之介がローテの軸を担いリリーフ陣は又吉克樹がソフトバンクにFA移籍するもライデル・マルティネス、祖父江大輔、福敬登が中核となるが、その他未確定の枠は松葉貴大・谷元圭介・田島慎二・鈴木博志・岩嵜翔らが候補になるだろうと論じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中