2022年 5月 20日 (金)

ベネッセ「ウィメンズパーク」閉鎖...ママの拠り所として21年、惜しむ声止まず 運営が語るユーザーへの思い

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ベネッセの女性向け口コミサイト「ウィメンズパーク」が2022年1月末、20年以上の歴史にひっそりと幕を閉じた。

    "国内最大規模の女性向けサイト"として、家事や育児などの悩みを相談できる場として多くの支持を集めてきただけに、利用者からは惜しむ声が相次いでいる。同社にこれまでの歩みを振り返ってもらった。

  • ウィメンズパークより
    ウィメンズパークより
  • ウィメンズパークより

「同じ悩みを持つ人がいるってだけで安心したなあ」

   ウィメンズパークは「最強のママ友をもうひとり」を合言葉に、インターネット黎明期の2000年5月に始まった。

   出産や育児、家事、仕事、趣味など日常の悩みを相談、情報交換できる場として人気を博した。テーマ別に投稿が楽しめる「おしゃべり広場」と産婦人科や保育園などの体験談が集まった「施設探し」が主要コンテンツだった。

   2012年の発表では、月間ページビュー(PV)は4億、会員は400万人、投稿は累計4000万件と驚異的な数字を叩き出し、「国内最大級規模の女性向けサイト」をうたっていた。

プレスリリースより
プレスリリースより

   会員との座談会を基にした楽曲制作や、口コミと投票による商品開発など、ユーザーのアクティブ率の高さに支えられた先進的な試みも目立った。

   しかし、21年7月にサービス終了が告知され、翌年1月末で閉鎖した。

   SNSでは終了を受けて、

「離婚当時はまだSNSも普及してなくてWP(ウィメンズパーク)の『家族部屋』で相談しまくってかなり助けられた」
「あまり投稿はしなかったけど同じ悩みを持つ人がいるってだけで安心したなあ」
「育児中の女性の本音渦巻く優しさと嫉妬と常識と非常識の世界で、リアルじゃないからこそのリアルさがあってよかった」

などの回顧や、「子育てはもちろん悩み事ができる度にのぞいていました。本当にお世話になってたから寂しい...」「生きていく中で心の支えだったので本当に残念です」と惜しむ声が多数書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中