2022年 5月 18日 (水)

夏の参院選は「党の存亡をかけた戦い」 立憲幹部が党大会で認めた「厳しい現状」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   立憲民主党は2022年2月27日に開いた定期党大会で、22年夏の参院選に向けて「中道層、無党派層」からも支持を得るべく「幅広いアプローチ」を展開することなどをうたった22年度の活動計画案を採択した。

   泉健太代表は、参院選の1人区で「政党間の『候補者調整』」を進めて「野党による改選過半数の獲得」を目指すことを表明。ただ、共産党が求めている協議はいまだに始まっておらず、国民民主党は政府の22年度予算案に賛成するなど独自路線を加速。野党間の連携はおぼつかない状態だ。大会は「党の存亡をかけ、日本の民主主義を守る戦いを皆さんで頑張りましょう!」という危機感あふれるかけ声で締めくくられた。

  • 立憲民主党は泉健太代表の就任後初めて定期党大会を開いた。「ガンバロー」のかけ声の代わりに、青色のハンカチを振って参院選に向けての決意を示した
    立憲民主党は泉健太代表の就任後初めて定期党大会を開いた。「ガンバロー」のかけ声の代わりに、青色のハンカチを振って参院選に向けての決意を示した
  • 記者会見する立憲民主党の泉健太代表
    記者会見する立憲民主党の泉健太代表
  • 立憲民主党は泉健太代表の就任後初めて定期党大会を開いた。「ガンバロー」のかけ声の代わりに、青色のハンカチを振って参院選に向けての決意を示した
  • 記者会見する立憲民主党の泉健太代表

国民民主への批判に「そうだ!そのとおりだ!」

   大会では国民民主党の玉木雄一郎代表が寄せた祝辞が読み上げられたが、会場の反応は冷ややかだった。祝辞では、21年秋の衆院選で両党が連合と個別に結んだ、「コロナ危機の克服」など5項目の政策協定に触れ、

「その実現に向けて両党で精査琢磨し国民の皆様の健康と命生活と雇用を守るために全力を尽くしましょう」

などと呼びかけた。会場からの拍手はまばらだった。

   泉代表は直後のあいさつで、

「私たちは当然、良い法案には賛成をし、おかしな法案には反対をする『是々非々』政党だ。しかし、政府が提出する本予算は、それとは訳が違う」

などと発言。予算案への賛否について

「仮に一部に賛同するものがあったり、何か合意したものがあったとしても、結局『政権の考え方のすべて』を認めるか否か、政権に賛同するか否か、が問われる」

と主張すると、会場からは「そうだ!そのとおりだ!」の声があがった。さらに、国民民主党の対応を念頭に

「一法案ではなく、本予算への反対。これが政権を目指す野党のまっとうな姿勢だ」

などと主張。再び「そうだ!」の声とともに拍手が起こった。

   参院選の向けた方針では「野党による改選過半数の獲得」を掲げ、1人区について「政党間の『候補者調整』を、党本部・県連が連携して進めていく」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中