2022年 5月 23日 (月)

菅田将暉の義経が「ダントツやべー」「無邪気なサイコパス」 鎌倉殿の13人、残酷登場シーンに衝撃

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   俳優の菅田将暉さんが2022年2月27日放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)に源義経役で本格的に登場し、「サイコパス感」溢れる描かれ方が話題になっている。

  • 菅田将暉さん
    菅田将暉さん
  • 源義経を演じる菅田将暉さん。NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のインスタグラム(@nhk_kamakuradono13)より
    源義経を演じる菅田将暉さん。NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のインスタグラム(@nhk_kamakuradono13)より
  • 菅田将暉さん
  • 源義経を演じる菅田将暉さん。NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のインスタグラム(@nhk_kamakuradono13)より

うさぎを賭けて、男と弓で対決するが...

   大河ドラマ61作目。舞台は1175年、平清盛(松平健さん)が大権力者として君臨していた日本。主人公の北条義時(小栗旬さん)は、伊豆の弱小豪族の次男に過ぎなかったが、流罪人・源頼朝(大泉洋さん)と姉・政子(小池栄子さん)の結婚をきっかけに、状況が一変。頼朝の右腕として武士の頂点に昇り詰める姿を描く。脚本は、「古畑任三郎」シリーズや大河ドラマ「新選組!」「真田丸」などで知られる三谷幸喜さん。

   菅田さん演じる義経については、ドラマ公式サイトでは「頼朝と生き別れた弟」「性格は欠点ばかりだが、戦場では恐るべき才能で次々と奇跡を起こす悲劇の天才武将」と紹介している。

   野原でうさぎを射り、「今夜はうさぎ汁だ」と喜ぶ義経。そこに、そのうさぎを仕留めたのは自分だと主張する男が現れる。うさぎには男の弓が刺さっており、どちらが仕留めたのかは一目瞭然。うさぎを引き渡すよう要求する男に対し、義経は、どちらがより遠くに弓を飛ばせるか勝負しようと提案する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中