2022年 5月 23日 (月)

カムカム「寂しいだろバカ」ハグ秘話 川栄李奈の涙はまさかの「アドリブ」...本郷奏多が大絶賛

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   俳優の本郷奏多さん(31)が2022年3月4日に放送された「あさイチ」(NHK総合)に出演し、自身が出演する朝ドラ「カムカムエヴリバディ」における川栄李奈さん(27)の「アドリブ」を絶賛した。

   ドラマで本郷さんは、川栄さん演じる3代目ヒロイン・大月ひなたの恋人で時代劇の大部屋俳優・五十嵐文四郎を熱演している。2日の放送では五十嵐が半べそ状態のひなたを抱きしめるシーンがあり、視聴者から絶賛が上がったが、「あさイチ」に出演した本郷さんが明かしたのは、その半べそ状態が川栄さんのアドリブだったという事実だ。

  • 本郷奏多さん(2017年撮影)
    本郷奏多さん(2017年撮影)
  • 「カムカムエヴリバディ」公式ツイッターから
    「カムカムエヴリバディ」公式ツイッターから
  • 本郷奏多さん(2017年撮影)
  • 「カムカムエヴリバディ」公式ツイッターから

「このシーンこそ、本当に川栄さんが素晴らしいなと思っていて」

   2日の放送ではラストに、ひなたが仕事終わりの疲労から虚ろな表情で自宅付近を歩いて帰宅するシーンがあった。自宅近くでふと視野に入った人物に目をやると、それは五十嵐だった。

   驚くひなたに対し、五十嵐は「何なんだよ、お前。いつも、うろちょろ邪魔ばっかりするくせに」とボソリ。さらに「映画が決まった途端、姿くらませやがって」とも。これに対し、ひなたは勤務する映画村の業務に忙殺されていたこと、さらには、自らが担当する美咲すみれ(安達祐実さん=40)の愚痴を聞くという業務外のことまで行っていると涙ながらに言い返した。

   するとその瞬間、五十嵐はひなたを熱く抱擁。突然のことに驚くひなたが言葉を失うと、「ちゃんと毎日顔見せろ。寂しいだろ、バカ」と、決定的な一言を浴びせたのだった。

   このシーンについて本郷さんは「あさイチ」で、「このシーンこそ、本当に川栄さんが素晴らしいなと思っていて」と指摘。台本のト書きには川栄さんに涙を流すようにとの指示はなかったことを明かしつつ、ただ単に自身の窮状を訴えているだけでは五十嵐がひなたを抱きしめるという行為にはやや不自然さが残ると説明した。

   その上で本郷さんは、

「でも、ひなたがあそこで自身の弱さを吐露して涙を流してくれることによって、ぐっと(抱擁に)行きやすくなる」
「そのお芝居を本番ぶっつけでやって下さる川栄さんがマジで素晴らしいなって思いました」

   と絶賛したのだった。これに対し、「あさイチ」レギュラー出演者の博多大吉さん(50)は「僕らもあまりの突然のことに『昨日、何か見逃したかな』って思いました」としつつ、不自然さを感じさせない川栄さんの演技を賞賛したのだった。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中