2022年 5月 24日 (火)

「R-1」なぜZAZYは勝てなかったのか 識者が指摘する「フリップ芸の限界」とは

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2022年3月6日の「R-1グランプリ」は、お見送り芸人しんいちさん(36)が優勝した。

   決勝でしんいちさんはZAZYさん(33)と対戦。結果は5人の審査員の投票が3-2に割れた結果、3票を獲得したしんいちさんが優勝を果たした。僅差での決着、優勝の決め手となったポイントは。ライターでお笑い研究家の鈴木旭氏に聞いた。

  • お見送り芸人しんいちさん(R-1グランプリ公式インスタグラムから)
    お見送り芸人しんいちさん(R-1グランプリ公式インスタグラムから)
  • ZAZYさん(R-1グランプリ公式インスタグラムから)
    ZAZYさん(R-1グランプリ公式インスタグラムから)
  • お見送り芸人しんいちさん(R-1グランプリ公式インスタグラムから)
  • ZAZYさん(R-1グランプリ公式インスタグラムから)

フリップ芸は「本人以外の要素が大きすぎる」

   決勝は、ファーストステージを1位通過したZAZYさんと、同点で2位に並んだしんいちさん、吉住さん(32)、「金の国」の渡部おにぎりさん(27)の中から決選投票で選ばれたしんいちさんが出場することになった。

   しんいちさんは、ファーストステージと決勝では歌に乗せたネタを披露する形式で戦った一方、ZAZYさんは電子化したフリップをディスプレイに表示するという形でネタを披露した。

   決勝では、5人の審査員のうち、陣内智則さんと小藪千豊さんがZAZYさんに、「マヂカルラブリー」の野田クリスタルさん、ハリウッドザコシショウさん、バカリズムさんがしんいちさんに投票した。

   決勝で相まみえた2人について、鈴木氏は、ZAZYさんや他の出場者のフリップ芸と比較しつつ、しんいちさんの勝因を以下のように分析した。

「ファーストステージの1番手で登場したkento fukayaさんの講評の際、バカリズムさんが言っていた『本人以外の要素が、ちょっとあまりにも大きかった』という箇所が象徴的だったと思います。

今回はZAZYさんやfukayaさんなどフリップ芸が目立ちましたが、『フリップや物にボケさせる』というのが、演者のポテンシャルを最大限に発揮させているかというと、必ずしもそうとは言えないとバカリズムさんはおっしゃっていました。この指摘は大きいと思います」

   また、鈴木氏は以下のようにも指摘した。

「バカリズムさんはしんいちさんに対し、ファーストステージではZAZYさんよりも高い点をつけたほか、決勝でもしんいちさんに投票した一方で、ザコシショウさんと野田クリスタルさんはファーストステージではより高得点を付けたZAZYさんを決勝では選ばず、しんいちさんに投票したのが意外でした。恐らく、お2人はZAZYさんのフリップ芸に対し、決勝ではもう少し変化が欲しいと思ったのではないでしょうか」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中