2022年 5月 21日 (土)

「カムカム」傷心のひなたに、るいが歌った「思い出の曲」 ネット涙「三世代を繋ぐ」「感慨深い」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2022年3月9日放送の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(NHK)で、るい(深津絵里さん)がドラマを象徴する楽曲「On the Sunny Side of the Street」を歌唱し、この歌が持つ大きな意味が視聴者の涙を誘った。

  • 川栄李奈さん
    川栄李奈さん
  • 川栄李奈さん

「ひなたが、日向の道を歩けますように」

   俳優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが3世代ヒロインを演じる同作。ラジオ英語講座を題材に、100年にわたる家族の物語をハートフルに描く。

   ※以下ネタバレを含みます。

   恋人の五十嵐(本郷奏多さん)にフラれ、ショックで寝込んでしまうひなた(川栄李奈さん)。「ひなたの放つ光が、俺にはまぶしすぎるんだ」という別れの言葉を反芻し、自分が五十嵐を傷つけていたのだと悔やむばかりだ。

   そんなひなたを心配する母・るいは食事を持ってひなたの部屋へ行き、優しく「On the Sunny Side of the Street」を歌って聴かせる。「なにそれ」と問うひなたに対し、「ジャズのスタンダードナンバーや。ひなたの名前の由来になった歌や」と説明。初めて聞くエピソードにひなたは「てっきり、お父ちゃんが縁側で日向ぼっこしながら思いついた名前やと...」と戸惑うが、るいは「ちゃうわ」と笑ってツッコミつつ「ひなたが、日向の道を歩けますように」とひなたの背中を押すのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中