2022年 5月 22日 (日)

ロシア料理動画に批判も「自粛はしません」 寄付表明のリュウジ氏が再度訴え「料理に罪はない」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「バズレシピ」で知られる人気ユーチューバー・リュウジさんは2022年3月13日、「ロシア料理」の動画の広告収益を、ウクライナを支援するため「国境なき医師団」に寄付すると発表した。

  • 「バズレシピ」で知られる人気ユーチューバー・リュウジさん
    「バズレシピ」で知られる人気ユーチューバー・リュウジさん
  • 「バズレシピ」で知られる人気ユーチューバー・リュウジさん

「ぜひどうかもっと炎上お願いします」

   リュウジさんは9日、「鶏肉の無水バター煮」の作り方を紹介する動画を公開した。ロシア料理「帰れ鶏肉へ!」を参考にした、水を使わずに新玉ねぎで鶏肉を煮込む料理だ。

   この動画に対して「ウクライナの人の気持ち考えろよ」というコメントが寄せられたとして、リュウジさんは同日のツイッターで「料理に罪はない」と訴えた。「なぜこのタイミングで(動画を)出すのか」と言う声に対しては、材料となる新玉ねぎの旬に合わせたためだと説明する。

   一連のツイートが報道などによって大きな注目を集めたことを受け、リュウジさんは10日、この動画の広告収益の全額をウクライナに寄付するとツイッターで明かした。リュウジさんの取り組みは各種メディアで報じられ、SNSでは「リュウジさんはどこに寄付しますか?」などと寄付先にも注目が集まっていた。

   リュウジさんは13日、「人の命を奪う兵器などに使われるより人の命を守る『医療』に使ってほしいと考えた」として、国境なき医師団に寄付をするとツイートした。国境なき医師団の公式サイトによれば、ウクライナ国内の医療施設に対し、緊急医療物資の提供や、紛争地での活動経験のある緊急対応の専門チームの現地入りを進めているという。

   リュウジさんは注目を集め寄付額を増やすため「ぜひどうかもっと炎上お願いします」とも呼び掛けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中