2022年 5月 20日 (金)

13歳で「2作連続センター」の異例抜擢 SKE48・林美澪は「松井珠理奈の再来」なのか【インタビュー】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   名古屋・栄を拠点にするSKE48が、2022年3月9日に半年ぶりの新曲「心にFlower」を発売した。最年少の林美澪(はやし・みれい)さん(13)が、前作「あの頃の君を見つけた」(21年9月発売)に続いてセンターポジションを担う。

   松井珠理奈さん(25=21年卒業)や松井玲奈さん(30=15年卒業)との「ダブル松井」によるダブルセンターを除けば、同じメンバーがシングル表題曲のセンター連続して担当するのは珍しい。林さん、熊崎晴香さん(24)、グループ最年長の須田亜香里さん(30)の3人に、新曲に向けた意気込みを聞いた。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • SKE48は2022年3月9日に半年ぶりの新曲「心にFlower」を発売した。左から須田亜香里さん、林美澪さん、熊崎晴香さん。林さんは2作連続でセンターポジションを担う
    SKE48は2022年3月9日に半年ぶりの新曲「心にFlower」を発売した。左から須田亜香里さん、林美澪さん、熊崎晴香さん。林さんは2作連続でセンターポジションを担う
  • SKE48は2022年3月9日に半年ぶりの新曲「心にFlower」を発売した。左から須田亜香里さん、林美澪さん、熊崎晴香さん。林さんは2作連続でセンターポジションを担う

SNSで「悪意の礫」ぶつけられたら...?

   ―― 表題曲「心にFlower」は、「騒々しい日々の中で、花のように美しく清らかな心と、自分らしさを忘れずに生きていこうという、心が浄化されるようなメッセージソング」だと聞きました。聴きどころ、新曲に込められた思いを聞かせてください。

熊崎: 恋愛ソングではなくて、メッセージ性のある歌詞ということにとても驚きました。いろいろな方に「刺さる」歌詞が多いと思います。寄り添っているような内容もたくさんあります。SNS(で否定的な書き込みを見た時)だったり、ちょっと落ち込んでしまう時期だったりとか、そういうときに聴くと背中を押してくれるような歌です。
林: すごく「SKE48に合っているな」と思いました。最近自分がすごくつらいこともたくさんあって、そんな時に聞くと「すごくいい曲だな」と思います。私と同じ世代の子が聴いても「刺さる」ものがあると思います。中学生は思春期で悩みやすい時期ですが、この曲を聴いて元気になってもらえたらすごく嬉しいです。いろいろな世代の方に聴いていただいて、広まっていけば嬉しいなと思います。
須田: 美澪は「中学生は」と話しますが、大人の私にとっても響く歌詞です。どこが響くかは人によって違うかもしれませんが、本当に日常の小さな悩みだったり大きな悩みだったり、全ての誰かのどこかの瞬間に当てはまる魔法の言葉が隠れている曲です。

   ―― 「ビルの隙間には(青空が見える)」「清らかな気持ちを忘れないで」といったあたり、厳しい状況でも望みを捨てないように呼びかけているような歌詞が印象的です。「悪意の礫(つぶて)に傷つこうとも」というあたりはなかなか強い言葉ですね。

須田: ミュージックビデオ(MV)では、戦車や銃といった、戦うために使うものが全て花で包まれる、という世界観が表現されています。私たちも銃を撃ったりしますが、そこから出てくるのは銃弾ではなく、花です。歌詞には「闘うことなく 受け入れること」とあります。心に余裕がなくなったり、人に優しくなれなかったりする人も多いこの世の中だからこそ気付きがあるし、意見が違う人とも戦わずして分かり合ったり交わったりすることができる、という温かい可能性を感じます。

   ―― 林さんは「最近自分がすごくつらいこともたくさんあって...」と話していましたが、歌詞にあるような「悪意の礫」に傷つけられそうになったとき、皆さんはどう乗り越えていますか。皆さんのようなアイドルという職業では、SNSに接することが避けられませんね。

須田: 昔は全部まともに受けて「全部自分が悪いんだ」と思って自分を責めて落ち込んでしまいましたが、最近はあまり気にしなくなりました。一通り傷つくという経験もした上で、今は自分に必要なものを参考情報として取り入れる、といったところです。悪意がある言葉や、不覚にも傷ついてしまう言葉とか、世の中にはいろいろ転がっているので、「そう思う人もいるんだ」という気持ちで聞くことが多いですね。
熊崎: 私は本当はポジティブに考えるタイプなのですが、この仕事をしているとパニックになってしまったり、あたふたしてしまったりすることがたくさんあります。歌詞に「深呼吸を一度して 見回してごらん」とあります。家族からも「そういうときこそ1回落ち着いて深呼吸をするといいよ」と言われています。思い詰めて暗くなってしまうときもありますが、とにかく深呼吸をして「他にもいろんな世界はあるから、ここで思い詰めなくていいや。もっともっと視野を広くすればいいんだ」と考えるようにしています。
: 亜香里さん(須田さん)が言っていたように、あまり自分が必要ではないと思うものは取り入れないようにしています。周りからの言葉も、成長していくには大切なので、取り入れたりはするんですけど...。私はあんまり気にせずに生きているので...何だろう。そんなに思い詰めたことはないですね。
須田: 悪意のある言葉などが愛の中から出てきた言葉なのかどうかを見極めるのは、意外と大事だと、仕事をしている上では思います。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中