2022年 5月 28日 (土)

八重・新垣結衣への言動が「怖すぎる」 鎌倉殿の13人、亀の「寝床見せつけマウント」に視聴者騒然

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2022年3月13日放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)第10話で、江口のりこさん演じる亀が、新垣結衣さん演じる八重にとった「マウント行為」が視聴者の間で話題になっている。

  • 新垣結衣さん(写真:アフロ)
    新垣結衣さん(写真:アフロ)
  • 「鎌倉殿の13人」公式インスタグラムより
    「鎌倉殿の13人」公式インスタグラムより
  • 新垣結衣さん(写真:アフロ)
  • 「鎌倉殿の13人」公式インスタグラムより

出自コンプレックスが刺激された? 元妻・八重を観察し...

   大河ドラマ61作目。舞台は1175年、平清盛(松平健さん)が大権力者として君臨していた日本。主人公の北条義時(小栗旬さん)は、伊豆の弱小豪族の次男に過ぎなかったが、流罪人・源頼朝(大泉洋さん)と姉・政子(小池栄子さん)の結婚をきっかけに、状況が一変。頼朝の右腕として武士の頂点に昇り詰める姿を描く。脚本は、「古畑任三郎」シリーズや大河ドラマ「新選組!」「真田丸」などで知られる三谷幸喜さん。

   ※以下、ネタバレを含みます。

   江口さん演じる亀は、頼朝の妾でありながら、自身の身分の低さにコンプレックスを抱いている女性。第10話では、頼朝の元妻である八重が、「少しでも佐殿(頼朝)の役に立ちたい」と頼朝の御所で働くことになる。

   このことを頼朝は知らないとはいえ、一人焦る亀。八重の台所での立ち振る舞いを見て、下人の出ではないことを推察する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中