2022年 5月 18日 (水)

国民民主党「与党化」批判に「レッテル貼り」と反論 玉木代表「戸惑っている」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2022年度の予算案に衆院で賛成した国民民主党に対して他の野党から「与党化」が指摘されるなか、玉木雄一郎代表は22年3月15日の定例会見で、「我々は与党じゃないので野党だと思ってますけど」と述べ、あくまで野党だとの認識を示した。「いろいろなことを言われるので戸惑っている」とも話した。

   政治に詳しくない人への説明を求められると、むしろ「一般の人の方が、野党だと思ってるんじゃないですか?」。「与党化」の指摘は「長年政治に関わっている人」が持つ「ある種の固定概念」が原因だとの見方を示した。

  • 記者会見する国民民主党の玉木雄一郎代表(写真は国民民主党の配信動画から)
    記者会見する国民民主党の玉木雄一郎代表(写真は国民民主党の配信動画から)
  • 記者会見する国民民主党の玉木雄一郎代表(写真は国民民主党の配信動画から)

「与党以外が野党だと思いますけどね」

   国民民主は予算案に衆院で賛成したほか、国民民主が21年秋の衆院選で追加公約として主張した「トリガー条項」の凍結解除について、自民党の茂木敏充幹事長は3月15日の記者会見で、与党内で検討を進める考えを明らかにしている。これに先立つ3月9日には、自民、公明の与党と国民民主による幹事長会談が開かれ、政策協議が行われている。

   こういった国民民主の与党への接近ぶりを念頭に、記者会見では

「そもそも野党とは何なのかというところを、玉木代表のお考えをお聞かせください」

という質問が出た。玉木氏は一瞬の沈黙の後に、「...何だと思います?与党以外が野党だと思いますけどね」。その上で、

「我々は与党じゃないので野党だと思ってますけど、いろいろなことを言われるので戸惑っています」

とも話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中