2022年 5月 26日 (木)

佐々木朗希の160キロは「対策しようがない」 他球団スコアラーも「お手上げ」の圧巻投球

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   高卒3年目のロッテ・佐々木朗希が開幕に向けて万全の仕上がりを見せている。

   2022年3月5日のオープン戦・ソフトバンク戦(PayPayドーム)で自己最多タイの最速163キロを計測。140キロ後半の高速フォークもまじえ、打者は当てるので精一杯だった。5回2安打9奪三振無失点の快投に、他球団のスコアラーもお手上げだ。

  • 佐々木朗希(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    佐々木朗希(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 佐々木朗希(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

「本当に厄介な投手です」

「調整段階のこの時期に160キロの直球を常時投げるような投球をされたら対策しようがない。昨年の終盤からグッと良くなったが、さらに積んでいるエンジンが大きくなったように感じる。
制球も良いので待球戦法で自滅するタイプではない。2ケタ勝利どころか、先発ローテーションを守って投げ続ければ最多勝争いにも十分加われる。本当に厄介な投手です」

   春季キャンプの実戦から同一リーグのチームとの登板が続くが、首脳陣は何も隠す必要がないと考えているのだろう。

   2月19日の練習試合・日本ハム戦(名護)で自己最速タイの163キロを計測するなど2回無失点。同月26日の練習試合・西武戦(高知)でも常時150キロ中盤の力強い投球に加えて緩いカーブも交えるなど投球の幅が広がり、3回7奪三振のパーフェクトと完ぺきに抑える。外崎修汰、森友哉ら強打者たちを140キロ台のフォークで空振り三振に仕留めるなど内容も濃い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中