2022年 5月 26日 (木)

プーチン支持のチェス名手、新連盟設立か 資格停止処分に「恥ずべき決定」と反発の末

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   国際チェス連盟(FIDE)から6カ月間の資格停止処分を受けたロシアのチェス選手、セルゲイ・カヤキン(32)が2022年3月23日までにメッセージアプリのテレグラムを更新し、新連盟設立に意欲を見せた。

  • セルゲイ・カヤキン選手(写真:ロイター/アフロ)
    セルゲイ・カヤキン選手(写真:ロイター/アフロ)
  • セルゲイ・カヤキン選手のインスタグラムより
    セルゲイ・カヤキン選手のインスタグラムより
  • セルゲイ・カヤキン選手(写真:ロイター/アフロ)
  • セルゲイ・カヤキン選手のインスタグラムより

「新しい国際チェス連盟を作りたいです」

   カヤキンはテレグラムで「新しい国際チェス連盟を作りたいです」と明かし、「私はチェスの経験がありチェスプレーヤーの関心事を理解しているので、私と同じ志を持つ人々が強力な組織を作ることは難しくないと確信しています」などと主張した。

   また、カヤキンはロシアの愛国者や世界中のチェス愛好家らの意見を募り、カヤキンに賛同する意見があれば新連盟設立プロジェクトを提案し、ロシアと国際的な企業からの支援を得る方針を示した。

   そして「私にとってあなた方の意見を聞くことは重要です。再投稿は大歓迎です」とのメッセージで締めくくった。

   カヤキンはSNSでロシアによるウクライナへの軍事侵攻やプーチン大統領を支持する投稿を繰り返し、これを問題視したFIDEはカヤキンに6か月間の資格停止処分を科した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中