2022年 5月 21日 (土)

一級建築士で元R18マンガ家が「若き女性建築士」の活躍描く作品が重版 作者明かす「わかりやすさ」の意識

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「週刊漫画ゴラク」で連載中のマンガ「一級建築士矩子の設計思考」の単行本1巻が2022年3月9日に発売されると、好評を受け14日には早くも重版が決まった。

   本作は東京・亀戸で立ち飲み屋兼設計事務所を営む27歳の一級建築士・古川矩子(こがわかなこ)を主人公に、現代建築事情を盛り込んだマンガだ。建築にまつわる緻密な情報や建物をめぐる騒動が描かれていくが、作者がかつて成人向けマンガを長年描いてきた鬼ノ仁(きのひとし)さんであることもマンガ好きの反響を呼んだ。実際に一級建築士資格を持つ鬼ノさんの考証により、建築の知識がふんだんに盛り込まれているのが特徴だ。

   鬼ノさんは1990年代から20年以上にわたって成人向けマンガを描き続けてきたヒットメーカー。2019年に成人向けマンガを引退し、一般向けマンガに活躍の場を移した。マンガと並ぶもう一つのライフワークともいえる「建築」をテーマに作品を描き始めた動機を聞いた。

(聞き手・構成 J-CASTニュース編集部 大宮高史)

(鬼ノ仁さんプロフィール)
1969年生まれ。1999年にマンガ家デビュー。以後成人向けマンガで活動。<2005年に「ミリオネラドライブ」(秋田書店「チャンピオンRED」掲載、読切前後編)で一般誌デビュー。2021年から「一級建築士矩子の設計思考」を「週刊漫画ゴラク」で連載中。
  • 「本格建築漫画」に進出した鬼ノ仁さん。実際に一級建築士資格も持っている
    「本格建築漫画」に進出した鬼ノ仁さん。実際に一級建築士資格も持っている
  • 「本格建築漫画」に進出した鬼ノ仁さん。実際に一級建築士資格も持っている

矩子の経歴に自身を投影

   ――まさか、マジメな建築マンガを鬼ノさんが描かれるとは意外でした。

鬼ノ仁:昨年の2月に連載を始めてまず単行本1巻を出せて、続けられればいいなと2巻分のネームも進めていたんですが、連載継続も決まってまずは安心というのが率直な気持ちです。僕がネットで拝見した評判の中には「昔ムスコがお世話になりました」なんてのもありましたね(笑)。

   ――「一級建築士矩子の設計思考」第一話は矩子が弘前から上京するシーンで始まります。このマンガを読み通すと、一級建築士でもある鬼ノさんの経験が矩子に投影されているようです。

1話冒頭(右ページ)で矩子が弘前から上京する場面で作品は始まる
1話冒頭(右ページ)で矩子が弘前から上京する場面で作品は始まる
鬼ノ:いつかは建築をマンガの中で描こうと思っていてアイデアを温めていて、お付き合いのあった漫画ゴラクの編集者さんとも(同誌の)作風や読者層に合うだろうな、となって連載が始まりました。僕も青森から上京したんですが、矩子と違ってバブルの頃でした。専門学校で建築を学んで事務所の現場に就職して働いていたので、当時と変わったところはアップデートしつつ、その頃の実体験を矩子のエピソードに活かしていますね。バブルで仕事はたくさんあったので、マンション建設の現場に出たり、役所に行ったりと色々経験しました。
ちなみに矩子は27歳で一級建築士として独立していますが、この資格は20代で取れると「ちょっと早くてすごいじゃん」という感じでしょうか。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中