2022年 5月 24日 (火)

落合博満氏、新庄監督の「優勝目指さない」は「オレの中ではない」 「選手のやる気出ない」と持論

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球中日の元監督・落合博満氏(68)が2022年4月3日放送の「サンデースポーツ」(NHK)に出演し、開幕から低迷が続く日ハム「ビッグボス」新庄剛志監督(50)の采配などについて独自に分析した。

  • 新庄剛志監督(写真:アフロ)
    新庄剛志監督(写真:アフロ)
  • 新庄剛志監督(写真:アフロ)

「マイナスの面はあってもプラスの面はないでしょうね」

   日ハムは3月25日の開幕戦からいきなり5連敗。31日の西武戦で今季初白星を挙げたものの、4月1日から京セラドームで行ったオリックス3連戦では、初戦、第2戦を完封され、第3戦は2-4で敗れて今季2度目の同一カード3連敗を喫した。

   落合氏はコーナー冒頭で、新庄監督が昨年11月の監督就任会見で「優勝は目指さない」と語ったことに触れ、「開幕、プレーボールからどうやって優勝しようかなと考えるのが普通なんであって、優勝目指さないというのはオレの中ではないですね」と持論を語った。

   中日の監督時代、シーズンはじめから優勝する気で選手とともに戦ってきたという落合氏は、「今年で現役をあがる(引退する)選手もいるわけですから。そういう選手にとっては『何で俺らは優勝しなくていいのかよ』というのであれば、マイナスの面はあってもプラスの面はないでしょうね」と指摘し、次のように続けた。

   「やっぱり勝ちにこだわっての競技なので。負けていいやというのであれば、選手のやる気も出てこないでしょう」

番組の中では、今季の日ハムはここまでスタメンを固定せず打順が毎日入れ替わっていることも取り上げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中