2022年 5月 24日 (火)

人気キャラ配信者に粘着、ファンが中傷投稿繰り返す スタッフが抑うつ状態に...事務所が苦渋の警告

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   特定のファンがSNSで誹謗中傷を繰り返しているとして、被害を受けた動画配信者が異例の警告をした。

   スタッフが抑うつ状態になるほど嫌がらせが続き、被害を公表するとともに関係の断絶を宣言した。トラブルの背景には何があったのか。

  • 餅月ひまりさん(左)、赤月ゆにさん(ゆにクリエイト提供)
    餅月ひまりさん(左)、赤月ゆにさん(ゆにクリエイト提供)
  • 餅月ひまりさん(左)、赤月ゆにさん(ゆにクリエイト提供)

「勝手にストーリーを仕立て上げて発信」

   キャラクターに扮して動画配信をする人気ユーチューバーの赤月ゆにさん、餅月ひまりさん(チャンネル登録者は合わせて約33万人)は2022年4月2日、執拗な嫌がらせを受けているとして、特定のツイッターアカウントを「ブロック」すると発表した。

   2人のツイートによれば、所属会社「ゆにクリエイト」(東京都台東区)に関する虚偽の投稿を繰り返され、業務や活動に支障が出ているという。精神的ストレスから抑うつ状態になり退職せざるを得なくなったスタッフもいた。

   同社の望月陽光社長は6日、J-CASTニュースの取材に「赤月ゆにが元気がないけど、これは事務所にいじめられているから、パワハラされているからと勝手にストーリーを仕立て上げて発信していました」と被害を話す。

   デマや人格攻撃のツイートは1年以上続き、会社宛てに「事務所と餅月が結託して赤月を迫害している」とメールを送ってきたとも明かした。

   取引先などから事実確認を求める問い合わせがあったり、採用活動に支障が出たりと影響は甚大だった。赤月さん、餅月さんのありもしない対立関係を煽られたため、共同での配信もしづらくなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中