2022年 5月 24日 (火)

ロシアの15歳レーサー「ナチ式敬礼」&「大爆笑」が物議 本人釈明もチームは解雇へ「彼の行動を深く恥じている」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   欧州カート選手権が2022年4月10日にポルトガルのポルティマンで開催され、優勝したロシア出身アルテム・セベリューヒン(15)の表彰台での振る舞いが物議をかもしていると、複数の海外メディアが報じた。

  • 国際自動車連盟公式サイトより
    国際自動車連盟公式サイトより
  • 国際自動車連盟公式サイトより

所属チーム「彼の行動を深く恥じている」

   フランスメディア「LE JOURNAL DE MONTREAL」(WEB版)は「ロシア人ドライバー、ナチス式敬礼の後にFIAが調査を開始」などのタイトルで4月11日に記事を公開した。

   記事によると、セベリューヒンは表彰台で胸を右手で2度叩き、腕をまっすぐ前に伸ばした。その後、大爆笑した。国際自動車連盟(FIA)はナチス式敬礼を連想させるような行為を問題視し、調査を開始するとの声明を出した。

   英ニュース専門局「sky news」(WEB版)は4月11日、セベリューヒンが表彰台での行為により所属チームとの契約を打ち切られると伝えた。

   記事ではセベリューヒンが所属するスウェーデンのワードレーシングは、同メディアの取材に対して事件を考慮してセベリューヒンとの契約を終了する予定だとし、「彼の行動を深く恥じている」と答えた。

   また、セベリューヒンは4月11日にインスタグラムを更新し謝罪動画を公開した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中