2022年 5月 17日 (火)

新庄ビッグボス「中4日構想」は「準備をどこまでしていたか」 日ハム元投手コーチが管理に持論

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球日ハムで昨年まで1軍投手コーチを務めていた荒木大輔氏(57)が2022年4月18日放送の「岩本勉のまいどスポーツ」(文化放送)に出演し、日ハム・新庄剛志監督(50)が掲げる先発投手陣の「中4日構想」について言及した。

  • 新庄剛志監督(写真:アフロ)
    新庄剛志監督(写真:アフロ)
  • 新庄剛志監督(写真:アフロ)

登板機会増やし選手の査定アップを

   スポーツ紙などの報道によると、新庄監督は4月11日に先発ローテーションを中4日で回す構想を明かした。ビッグボスは先発陣の球数を抑える事で打者2巡目までをしっかり抑え、登板機会を増やすことで選手の査定を上げる目的もあるという。

   今季はエース上沢直之投手(28)が4月10日の楽天戦(札幌ドーム)において中4日で先発のマウンドに上がり、チームは延長10回3-2のサヨナラ勝利を収めた。

   番組で、MCの岩本勉氏(50)から中4日登板について率直な意見を求められた荒木氏は「僕はいい考えだと思っています」と理解を示しつつ、「ただそのためには準備をどこまでしていたのかなと。キャンプ前から要は監督が就任した時からピッチャー陣はこうやっていこうという感じで選手たちに伝えていれば僕はOKだと思います」と続けた。

   そして「開幕になってからいきなり『中4日で行くよ』『いつ投げるよ』という感じになると選手は体の疲れは取れても頭の方がついていかないというか。この日本当だったら休む日なのにみたいな感じが。それはちょっといくらなんでもきついかなと」との見解を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中