2022年 5月 29日 (日)

14歳年下恋人と真剣交際の新山千春 出会いのマッチングアプリで使った「プロフ写真」公開

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   14歳年下の一般男性との真剣交際が明らかになったタレントの新山千春さん(41)が、恋人との馴れ初めや人柄についてYouTubeで明かした。

  • 新山千春さんのYouTube動画より
    新山千春さんのYouTube動画より
  • 新山千春さんのYouTube動画より
    新山千春さんのYouTube動画より
  • 新山千春さんのYouTube動画より
    新山千春さんのYouTube動画より
  • 新山千春さんのYouTube動画より
  • 新山千春さんのYouTube動画より
  • 新山千春さんのYouTube動画より

マッチングアプリを始めたきっかけは...

   新山さんが恋人について語ったのは、2022年4月20日公開した「アラフォー女優がマッチングアプリやったら奇跡が起きた【お相手は20代 !?】」と題した動画だ。

   デコルテが大きく開いたグレーの肩出しニット姿の新山さんは、新恋人に関してさまざまな報道が出ていることを受け、「私の口からいろいろと正直にお伝えできたらなと思ってるので、皆さんに聞いてもらえたら嬉しいです」とした。

   マッチングアプリを始めたきっかけについて、離婚後しばらくは恋愛などに興味を持てる状況ではなかったとした。

「離婚して結構時間も経って、私の中ではずっと娘のもあと私と二人三脚で、もうとにかくもあが寂しい思いをしないように一緒に生活していくことがやっぱり優先だったので、本当に恋愛したいとか彼氏が欲しいとか全然なくて...」

   娘が高校生になり、友人らの結婚・出産や再婚に触れ、考えが変わってきたという。

「パートナーがいるってうらやましいなー、いいなーって思ってきてはいた」

   仕事では出会いがなく、友人の紹介でもピンとくる出会いはなかったとした。友人からマッチングアプリを勧められるも、当初は乗り気ではなかったという。「私が登録してるところをスクショされて、それが拡散されて......ってなっても怖いなとか思って」

   しかし、友人から「海外のアプリにして、アメリカのアプリとかだったら日本人の人はあまりいないし、それこそ何かちーちゃんのことを知ってる人はいないかもしれないよ」とのアドバイスを受けたとした。

「『俺の前では全然がんばらなくていいよ』ってサラッと言ってくれた」

   アプリで使ったプロフィール写真も公開した新山さん。横顔をチラリと見せたバックショットと、ロサンゼルスで撮影した「インスタ映え」写真の2枚を使っていたという。

   交際に至ったのは、新山さんがマッチした中でもファーストインプレッションからとくにときめいた相手で、「赤いシャツ姿のロン毛」の写真をプロフィールに設定した男性だったという。

   Google翻訳を駆使しながら英語でやりとりしていた新山さんだったが、英語がたどたどしかったためか男性から「もしかして日本語の方が楽ですか?」というメッセージを受けたとした。相手はサンフランシスコ在住の日本人男性で、たまたま日本に一時帰国したタイミングでマッチしたという。

   相手の帰国後もテレビ電話で仲を深めるも、先入観を持たれたくないとして自身がタレントの仕事をしていることは隠していた新山さん。しかし、相手から「仕事はどういうペースでやってるの?」と質問された際、「月~金で働いてて、9時~17時だね。結構大変」と話したところ、「えっ、アパレルって土日が一番大変じゃないの? 土日は仕事しないの?」と驚かれてしまったという。

   正直に話すことにした新山さんは、隠していた芸能活動や、家族構成について話したという。

「実は私、芸能の仕事をさせてもらってて、『新山千春』っていう名前でテレビにも出させてもらったりもしてるんだけど......いろいろ今日は伝えたいな、って言って。そこで、バツイチでシングルマザーであることも彼に伝えて、今までアパレルの仕事しかしてないっていうふうな言い方をしてたのは本当にごめんなさい、って言ったら、彼の反応が『逆にすぐに芸能の人だっていうのを気づいてあげられなくて、すごく申し訳なかった、ごめん』って言ってくれて。『いやいや全然』なんていう話があって」

   当初新山さんが心配していた、「芸能人だから」などという色眼鏡で見られるようなことはなかったという。シングルマザーであることについて打ち明けた際の反応についても語った。

「あとシングルマザーであることも全部打ち明けたんですけど、そこに対しても『いろいろと話してくれてありがとう。大変だったと思うけど、いろいろ頑張ってきたんだね。俺の前では全然がんばらなくていいよ』ってサラッと言ってくれたのがめちゃくちゃ嬉しくて。で、そこからまた毎日のようにテレビ電話が始まった感じですかね」

「ママにとって彼以上の人いるの?」

   連絡を取り始めてから数か月後、新山さんのロサンゼルスの友達の結婚式があったため新山さんから「この日にLAに行くんだけど、もしタイミングが合えば会えたりしないかな」と声をかけたところ、相手も「ちょっと忙しいかもしれないんだけど僕も会いたいからどうにかちょっと行けるように頑張る」と返信があったという。

   買い物に行ったり、写真を撮ったりというデートの後、「付き合ってください」と告白を受けたとはにかんだ。

   男性は現在新型コロナウイルス感染症の影響で日本に帰国しているものの、外資系のデザイン会社で働いているとした。

   高校生の娘と一緒に3人で出かけるなど順調な交際を続けていた新山さんだったが、歳の離れた恋人との将来について不安に思う気持ちもあったという。そこで新山さんは、娘のもあさんに「実は彼ともう別れようと思ってる」と伝えたところ、もあさんは「ママにとって彼以上の人いるの?」と考え直すように言われたという。

   「私だけではなくて、彼の魅力をもあにも伝わってるっていうのがすごい嬉しくて」と感極まった様子で語った。

   新山さんは、「今以上にいい関係を築けていけるように頑張りたいと思ってる」と、真剣な交際を続けたいとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中