2022年 5月 18日 (水)

新庄ビッグボスの「育成手腕」は本物か 開幕から低迷も...若手台頭で「チームの未来は明るい」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

リリーフで覚醒した吉田輝星

   1軍の実績が少ない選手たちで戦わなければいけない。苦戦は必至だったが、昨季1軍出場なしに終わった清宮、「執念先輩」の愛称で知られる今川、万波がその長打力をアピールしている。

   確実性は上げていかなければいけないが、ツボにはまった時の飛距離は大きな魅力を感じさせる。そして、大活躍を見せているのが松本だ。潜在能力の高さは折り紙付きだったが、度重なる故障でレギュラーをつかめなかった。同期入団の近藤健介と共にチームを引っ張る存在として期待される。

   投手陣も吉田が救援で1軍に定着し、北山も守護神として十分に合格点をつけられる投球を見せている。

   もちろん、真価が問われるのはこれからだ。シーズンは4分の1を終えたばかりで、ここから本当の戦いが始まる。何人の若手たちが壁を乗り越えてポジションをつかむか。ビッグボスもスター選手の誕生を心待ちにしている。

(中町顕吾)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中