2024年 5月 25日 (土)

阪神の現状は「考えられない」「普通は貯金が5つあってもおかしくない」 OB苦言...チームの「泣き所」指摘

   プロ野球楽天の元監督で阪神OBの田尾安志氏(68)が2022年5月31日にユーチューブを更新し、同日に甲子園球場で行われたセ・パ交流戦の阪神対西武戦を解説し、得点力不足に苦しむ阪神打線に言及した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「これだけ抑えたら普通は貯金が5つや6つや7つあっても」

   西武戦では西勇輝投手(31)が先発し、2回先頭の山川穂高内野手(30)にレフトスタンドにソロ本塁打を許すも3回以降無失点の好投。この日は7回107球、6安打6奪三振1失点の内容だったが打線の援護に恵まれず今季4敗目を喫した。

   試合は0-2で敗れ今季13度目の完封負け。首位ヤクルトに12.5ゲーム差をつけられ、89試合を残して早くも自力優勝の可能性が消滅した。

   5月31日時点でチーム打率.222、155得点はともにリーグワースト。一方で失点はリーグ最少ながら勝率.377でリーグ最下位に沈み、5位DeNAとの差は4ゲーム差となっている。田尾氏は試合を振り返る前に低迷が続く阪神の現状に触れた。

「今日のゲームが始まるまでの5月のチーム防御率が1.78。これはちょっと驚きの数字。チーム防御率で2点取られていない。それでいて11勝12敗、借金を1つしている。考えられないですね。これだけ抑えたら普通は貯金が5つや6つや7つあってもおかしくないのですが、それでも勝てないということはやはり打線がなかなか打てないということ」

そして好投しながらも今季4敗目を喫したエースを労い、打撃陣の得点力不足を嘆いた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中