2024年 4月 14日 (日)

「いつの間にかナイスバディに」 HKT48ツアーにNMB・STUメンバー登場...「異文化交流」久々実現

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   福岡市を拠点に活動するHKT48が2022年6月10日に大阪市内で開いたコンサートで、地元・大阪を拠点にするNMB48と瀬戸内7県が拠点のSTU48がゲストとして登場し、西日本の3グループが集結した。

   コンサートは4月に始まった全国ツアーの一環で、大阪が5か所目。6期生がお披露目された熊本公演以外の4か所で姉妹グループが登場した。かつてはAKB48の楽曲やイベントに姉妹グループメンバーが参加していたが、コロナ禍や運営体制の変更でグループ間の往来が事実上途絶えていた。そんな中の久々の交流で、メンバーからは再会を喜んだり、会えない間の変化に驚いたりする声も相次いだ。各グループからメンバーを集めて競う「歌唱力No.1決定戦」などを除けば、今となっては貴重なAKB48グループ内の「異文化交流」だ。

  • HKT48のコンサートツアーは大阪が5か所目。昼公演では地元・大阪のNMB48が登場した
    HKT48のコンサートツアーは大阪が5か所目。昼公演では地元・大阪のNMB48が登場した
  • NMB48の水田詩織さんはHKT48の本村碧唯さん(中央、白の衣装)に「無茶ぶり」。「ほんま、いい加減にせえや?とりあえず、ひざまずきなさい!」という声に、出演者がいっせいにひざまずいた
    NMB48の水田詩織さんはHKT48の本村碧唯さん(中央、白の衣装)に「無茶ぶり」。「ほんま、いい加減にせえや?とりあえず、ひざまずきなさい!」という声に、出演者がいっせいにひざまずいた
  • 大阪・夜公演ではSTU48が登場。写真中央はSTU48の石田千穂さん
    大阪・夜公演ではSTU48が登場。写真中央はSTU48の石田千穂さん
  • 4月8日の神奈川公演では、NGT48とHKT48の「村長」どうしが握手。左からNGT48の小越春花さん、HKT48の市村愛里さん
    4月8日の神奈川公演では、NGT48とHKT48の「村長」どうしが握手。左からNGT48の小越春花さん、HKT48の市村愛里さん
  • 4月10日の東京公演では、元「IZ*ONE」本田仁美さん(左)と矢吹奈子さん(右)が久々の共演。「ヘビーローテーション」をダブルセンターで披露した
    4月10日の東京公演では、元「IZ*ONE」本田仁美さん(左)と矢吹奈子さん(右)が久々の共演。「ヘビーローテーション」をダブルセンターで披露した
  • 大阪公演では7月23日の追加公演(福岡市)が発表された
    大阪公演では7月23日の追加公演(福岡市)が発表された
  • 「なこみく」こと矢吹奈子さん(左)と田中美久さん(右)
    「なこみく」こと矢吹奈子さん(左)と田中美久さん(右)
  • 大阪公演のアンコール明けには新曲「ビーサンはなぜなくなるのか?」(6月22日発売)も披露された
    大阪公演のアンコール明けには新曲「ビーサンはなぜなくなるのか?」(6月22日発売)も披露された
  • 大阪出身の松本日向さん(左)にとって凱旋(がいせん)公演。卒業を6月27日に控えた松本さんにとっては最後のコンサートで、同期の運上弘菜さん(中央)は涙が止まらない様子。右側は市村愛里さん
    大阪出身の松本日向さん(左)にとって凱旋(がいせん)公演。卒業を6月27日に控えた松本さんにとっては最後のコンサートで、同期の運上弘菜さん(中央)は涙が止まらない様子。右側は市村愛里さん
  • 他のアーティストの楽曲をカバーするコーナーも。写真は「点描の唄」を披露する秋吉優花さん(左)と豊永阿紀さん(右)
    他のアーティストの楽曲をカバーするコーナーも。写真は「点描の唄」を披露する秋吉優花さん(左)と豊永阿紀さん(右)
  • HKT48のコンサートツアーは大阪が5か所目。昼公演では地元・大阪のNMB48が登場した
  • NMB48の水田詩織さんはHKT48の本村碧唯さん(中央、白の衣装)に「無茶ぶり」。「ほんま、いい加減にせえや?とりあえず、ひざまずきなさい!」という声に、出演者がいっせいにひざまずいた
  • 大阪・夜公演ではSTU48が登場。写真中央はSTU48の石田千穂さん
  • 4月8日の神奈川公演では、NGT48とHKT48の「村長」どうしが握手。左からNGT48の小越春花さん、HKT48の市村愛里さん
  • 4月10日の東京公演では、元「IZ*ONE」本田仁美さん(左)と矢吹奈子さん(右)が久々の共演。「ヘビーローテーション」をダブルセンターで披露した
  • 大阪公演では7月23日の追加公演(福岡市)が発表された
  • 「なこみく」こと矢吹奈子さん(左)と田中美久さん(右)
  • 大阪公演のアンコール明けには新曲「ビーサンはなぜなくなるのか?」(6月22日発売)も披露された
  • 大阪出身の松本日向さん(左)にとって凱旋(がいせん)公演。卒業を6月27日に控えた松本さんにとっては最後のコンサートで、同期の運上弘菜さん(中央)は涙が止まらない様子。右側は市村愛里さん
  • 他のアーティストの楽曲をカバーするコーナーも。写真は「点描の唄」を披露する秋吉優花さん(左)と豊永阿紀さん(右)

3年ぶりの対面で「いつの間にかナイスバディになっていて」

   この日の公演は、大阪出身の松本日向さん(21)にとって凱旋(がいせん)公演だ。松本さんは6月27日に卒業を控えており、昼公演の冒頭

「大阪でライブしたことが一度もなくて、最後の最後に凱旋(がいせん)公演を行うことができて、すごく幸せ」

とあいさつした。NMB48からは本郷柚巴(ほんごう・ゆずは)さん(19)ら9人が登場。本郷さんは「グラビアクイーン」として知名度を上げており、3年ぶりに対面した松岡はなさん(22)は

「まさかの同期なんですけど、いつの間にかナイスバディになっていて...。ツイッターとか見てて、二度見しちゃう」

と目を丸くした(2人は全姉妹グループが一度にオーディションを行う「ドラフト会議」の2期生として15年にデビュー)。「『初恋バタフライ』(12年発売)の頃からHKT48が好き」だという水田詩織さん(23)は、

「私、一ファンとしてこれだけは...」
「関西弁を交えつつ、言っていただきたいせりふがありまして...」

と、HKT48の「チームK IV」キャプテンの本村碧唯さん(25)に「無茶ぶり」。本村さんが恥ずかしそうに「ほんま、いい加減にせえや?とりあえず、ひざまずきなさい!」と声を上げ、出演者がいっせいにひざまずくと、水田さんは「もう、今、天に召されてもいいです、私」と満足げにしていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中