2022年 10月 1日 (土)

球界OB「お金でも楽な環境でもない」 それでも秋山翔吾が広島入団決めた理由

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球ロッテの元捕手で野球解説者の里崎智也氏(46)が2022年6月27日にユーチューブチャンネルを更新し、大リーグパドレス傘下3Aエルパソを退団して広島に移籍した秋山翔吾外野手(34)について言及した。

  • 秋山翔吾選手(写真:AP/アフロ)
    秋山翔吾選手(写真:AP/アフロ)
  • 秋山翔吾選手(写真:AP/アフロ)

西武、ソフトバンク、広島で争奪戦

   スポーツ紙などの報道によると、日本球界復帰を決めた秋山を巡り古巣・西武、ソフトバンク、広島の3球団が獲得に向けて名乗りを上げていた。三つ巴の争奪戦が繰り広げられる中、広島はこの日、公式サイトで秋山と契約することになったことを発表。セ・リーグでのプレーは初めてとなる。

   秋山は10年ドラフト会議で西武から3位で指名され入団。15年にはシーズン216安打を記録しプロ野球新記録を達成した。首位打者、最多安打などのタイトルを獲得し、ゴールデングラブ賞を6度受賞した。

   20年に海外FA(フリーエージェント)権を行使し、大リーグ・レッズに移籍。3年契約の最終年となった今季は開幕ロースターから外れFAとなりパドレスとマイナー契約を結んだ。大リーグでは通算142試合に出場して打率.224、21打点、本塁打なしに終わった。

   里崎氏は大リーグから日本球界への復帰を決めた秋山に対して「夢を追いかけるのもいいが、現実をしっかり見つめて日本、NBP復帰を決断した秋山選手の選択は称賛に価する。自分自身が純粋に野球をしたいという思いが、移籍を長引かせることがなかった」との見解を示した。

   当初、ソフトバンクと西武の一騎打ちの展開になると予想していたという里崎氏は、広島入団の決め手となった理由を以下のように推測した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中