2022年 8月 11日 (木)

具は詰めません!セブンイレブン「常識覆す」新感覚おにぎりにSNS衝撃 広報明かす投入の狙い

モータースポーツの世界観を表現した『ECB-2000』

   セブン-イレブンが2022年6月28日から発売したおにぎりが、消費者から驚きをもって受け止められている。

   商品名は「明太子おむすび」。いたって普通のネーミングだが、おにぎりの概念を覆すような見た目をしている。

  • 東京都内のセブン-イレブンで撮影
    東京都内のセブン-イレブンで撮影
  • 東京都内のセブン-イレブンで撮影
    東京都内のセブン-イレブンで撮影
  • 東京都内のセブン-イレブンで撮影
  • 東京都内のセブン-イレブンで撮影

「背徳感溢れる」「イカれてる」

   商品を正面から見ると赤一色。米と海苔の白黒はうかがえず――。明太子おむすび(税込324円)は、ご飯で具を覆うのではなく具でご飯を覆うような格好になっている。

   おにぎりに明太子を大胆に3房載せた。大葉を敷いてアクセントにしている。東京都内の店舗では、メッセージカードで「新しいスタイルのおにぎり登場」と訴求していた。同様のコンセプトで開発した「ベーコンエッグおむすび」(税込248円)も、28日から販売している。

   ツイッターでは特に明太子が発売からすぐに話題となり、「イカれてる(褒め言葉)」「これは二度見してしまった」と面白がったり驚いたりする反応が続出。「やけくそ明太子おむすび」「頭の悪い明太子おむすび」「痛風おにぎりじゃん」と、独自の「愛称」も次々に披露されている。

   購入者からは「ボリュームがあって最高だった」「背徳感溢れる明太子の量でした」とおおむね好意的な感想が目立つ一方、目新しいゆえ「これ...どうやって食べるの?」「食べ方の正解がわからーん」と困惑も漏れている。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中