2024年 2月 24日 (土)

10年以上前に辞めたのに...突然届いた「国葬案内状」 「私にも来るんだ」元議員から驚きの声続々

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2022年9月27日に行われる安倍晋三元首相の「国葬」の案内状が9月9日頃から国会議員に届き始めた。挙行に反対する野党議員らがその画像をツイッターに公開し、欠席をアピールしている。

   案内状の送付対象は国会議員経験者も含まれる。議席を失ってから10年以上経った人に速達で届くケースもあり、「な、なんと、岸田首相から」「へぇっ、私にも」といった驚きの声が相次いだ。

  • 10年以上前に国会の議席を失った人にも「国葬」の案内状は届いた
    10年以上前に国会の議席を失った人にも「国葬」の案内状は届いた
  • 10年以上前に国会の議席を失った人にも「国葬」の案内状は届いた

「出席での返信が少なかったから、元職にも急遽発送?」

   9月9日には、立憲民主党の蓮舫参院議員、辻元清美参院議員、大河原雅子衆院議員、共産党の井上哲士参院議員らが案内状の写真つきで欠席を表明。翌10日から11日にかけて、議員経験者からもツイートが相次いだ。

   05年まで民主党の衆院議員を務めた精神科医の水島広子氏は、「な、なんと、岸田首相から、元衆議院議員の私に、速達で、国葬儀への案内が届いた」と驚いた様子。「こんなことに速達を使うなんて、さらなるお金が...。火曜日の二時など、行かれるわけもないし、そもそもまだ法的根拠のところにこだわっているので」と、欠席を表明した。10年まで民主党の参院議員を務め、21年10月の衆院選に国民民主党から出馬して落選した円より子氏も「へぇっ、私にも来るんだ」とツイート。案内状は予想外だったようだ。

   12年まで民主党の衆院議員を務め、21年10月の衆院選で立憲民主党から出馬して次点だった井戸まさえ氏のもとにも案内状は届いた。井戸氏は返信期限の記述に着目。「9月13日(火)までに」の「13日(火)」の部分が修正テープで修正され、手書きになっていた。井戸氏はこの経緯を「出席での返信が少なかったから、元職にも急遽発送?」と推測している。修正テープをはがして確認したところ、修正前の返信期限は「8日(木)」だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中