2024年 2月 23日 (金)

ロリポップ・ソニック「激レア音源」が151万円で落札 あまりの高額にファン騒然、小沢健二も反応

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   人気バンド「フリッパーズ・ギター」の前身である「ロリポップ・ソニック」のカセットテープが、150万円で落札されてファンの度肝を抜いている。

  • 小沢健二さんのツイッターより
    小沢健二さんのツイッターより
  • 小沢健二さんのツイッターより
    小沢健二さんのツイッターより
  • 小沢健二さんのツイッターより
  • 小沢健二さんのツイッターより

「めったに市場に出ることはない」

   ロリポップ・ソニックは1987年に小山田圭吾さん、小沢健二さんらによって結成された。89年にフリッパーズ・ギターに改名し、91年に解散。活動期間は短いものの、東京・渋谷を中心に流行した音楽ジャンル「渋谷系」の一翼を担った。

   中古レコードショップ「ココナッツディスク」吉祥寺店は2022年10月2日、ツイッターで「レアもの出品致しました」としてロリポップ・ソニックの自主制作カセット「Favorite Shirts」をオークションサイトに出品したと投稿した。

   開始価格は6万円。出品ページでは「コピー品なども存在するようですがこちらはmaxellのUDIを使用したオリジナル正規品となります。確認のため一度再生させていただきましたが非常にクリアな音質で、コピー品ではないことが実感できました」とし、「日本のポップスの歴史を考えても非常に重要な作品といえると思います。現存する数を考慮してもめったに市場に出ることはないと思われる逸品です」とカセットの希少性を伝えている。

   フリッパーズ・ギターをプロデュースした、音楽プロデューサーの牧村憲一氏は20年9月、「色々偽物?が出回っている,ロリポップソニックの自主制作のカセットテープですが(中略)UDI 30が手売りされた本物です」とツイートしていた。

   同じ商品は、CD・レコード販売の「ディスクユニオン」大宮店でも2018年に販売されていた(すでに売り切れ)。店の当時のブログでは「激レアテープが入荷!」と紹介し、「その後リリースされたフリッパーズ・ギター1stの音源とはアレンジが違います!滅多にお目にかかれません!ファン必携!」とアピールしていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中